アルバ公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Escudo del Ducado de Alba de Tormes.svg

アルバ公爵西: Duque de Alba)は、スペインの公爵位。グランデの一つ。カスティーリャエンリケ4世によってガルシア・アルバレス・デ・トレドが叙位されたことに始まる。歴代の中でも第3代アルバ公フェルナンド・アルバレス・デ・トレド軍人として著名で、単に「アルバ公」といった場合は彼を指す場合が多い。

1802年、13代アルバ公爵夫人カイエタナの死後、彼女の甥であるリーリア公爵カルロス(Carlos Miguel Fitz-James Stuart)が称号を継承した。リーリア公爵カルロスは、イングランド王ジェームズ2世と愛妾アラベラ・チャーチルの間の庶子、初代ベリック公爵ジェームズ・フィッツジェームズ(初代リーリア公爵でもある)の直系子孫にあたる。

現在のアルバ公爵およびアルバ家当主は、18代目のカイエターナ・フィツ=ハメス・ストゥアルトである。

代表的な人物[編集]

関連項目[編集]