アルバート・パイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルバート・パイク

アルバート・パイクAlbert Pike1809年12月29日 - 1891年4月2日)は、南北戦争時の南部連合の将軍。

生涯[編集]

人物[編集]

フリーメイソンの正装を着たパイク(1865-1880年頃)。

秘密結社フリーメイソンに所属していたと言われている。「メイソンの黒い教皇」とも呼ばれている[1]。古代や東洋の神秘主義を研究して、構成員を増やした[要出典]オハイオ州シンシナティに本拠地にしていた「ゴールデン・サークル騎士団」の名前を変えたと言われる[要出典]。また1871年イタリアのフリーメイソンのジュゼッペ・マッツィーニ(イタリア建国の父)に送った手紙[2]には、第一次世界大戦第二次世界大戦、更に第三次世界大戦についての計画が記されていたという説が陰謀論者の間で広がっている。[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 伊達巌 『聖書の暗号は知っていた[闇の絶対支配者]ロスチャイルド・イルミナティ・フリーメーソン』 徳間書店 2010年
  2. ^ 「第一次世界大戦(略)、第二次世界大戦(略)。第三次世界大戦は、シオニストアラブ人との間に、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている」と記されていたと言われる。
  3. ^ 参考:Albert Pike and Three World Wars

関連項目[編集]

外部リンク[編集]