アルバート・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルバート・ジョージ・ウィルソン(Albert George Wilson、1918年7月28日 - 2012年8月27日)は、アメリカ合衆国天文学者である。

テキサス州ヒューストンで生まれ、1947年にカリフォルニア工科大学にてAxially Symmetric Thermal Stresses in a Semi-Infinite Solidという論文で数学の博士号を取得した。

1949年、彼はパロマー天文台の要請を受け、パロマー・スカイ・サーベイのプロジェクトを率いた。1953年にローウェル天文台の助手になり、1954年から1957年まで責任者を務めた。後にランド研究所やその他の私設の研究所で研究を行なった。1962年には専門誌Icarusを創刊し、その初代編集長になった。

1966年から1972年までマクドネル・ダグラスの先端研究所で研究を行ない、その後はUSCで引退するまで哲学と科学を教えた。引退後は、Institute for Man and Scienceとthe Institute of the Futureに参加した。カリフォルニア州セバストポールSebastopol)の自宅で死去した。

彼は5つの小惑星を発見し、またロバート・ハリントンとともに周期彗星ウィルソン・ハリントン彗星を発見した。

外部リンク[編集]