アルバート・アイラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルバート・アイラー
基本情報
出生 1936年7月13日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オハイオ州
死没 1970年11月25日(満34歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州
ジャンル フリー・ジャズ
職業 サクソフォーン奏者
歌手
作曲家
担当楽器 サクソフォーン
活動期間 1960年代
レーベル ESPディスク・レコード
インパルス!レコード

アルバート・アイラーAlbert Ayler1936年7月13日 - 1970年11月25日)は、アメリカ人の前衛ジャズサックス奏者、歌手作曲家

アイラーは、1960年代のフリー・ジャズのミュージシャンの中で、最初に語られるべき人物の一人である。評論家のジョン・リトワイラーは書いている。「これまでには決して存在しなかった。ジャズの歴史の中で、これほどまでに剥き出しの攻撃性というものがあっただろうか。」[1]

アイラーの音色は、深みのある激しいものだった。それは、テナー・サックスに固いプラスティックのファイバーケインの4番のリードを使うことで得られたものだった。[2]そして幅のある、悲哀に満ちたヴィブラートを使用するのである。

彼のトリオとカルテットの1964年のレコード、例えば「スピリチュアル・ユニティ」や「ヒルヴァーサム・セッション」などからは、彼が、即興演奏において、ジョン・コルトレーンオーネット・コールマンに気づきをもたらして、彼らの音楽を抽象的な領域にまで発展させたことがわかる。その結果、旋律を伴った和声だけでなく、音色や音質までも、音楽の土台となることが証明されたのである。アイラーの、恍惚とした1965年や1966年の音楽、例えば、「スピリッツ・リジョイス」や「真実が(行進して)やってくる」などは、批評家にブラス・バンドの音と比較されたりしてきた。そして、そうした曲では、単純で行進曲のようなテーマと、激しい集団即興とが交互に現れては繰り返され、ジャズの「ルイ・アームストロングのルーツ」までも思い起こさせるものだと受け止められたのである。[3]

若年期と経歴[編集]

オハイオ州クリーヴランド・ハイツに生まれる。アイラーが最初にアルト・サックスを習ったのは、父エドワードからであった。アイラーと父エドワードは、教会で二重奏を披露していたのである。クリーヴランドの東側にあるジョン・アダムズ・ハイ・スクールに入学、1954年に18歳で卒業する。その後、クリーヴランドの音楽学校でベニー・ミラーに師事し、音楽を学ぶ。アイラーは、高校ではオーボエも吹いていた。十代の学生としては優れた技量を身につけていたため、アイラーはクリーヴランド近辺で「リトル・バード」として知られるようになった。[4]「バード」のあだ名を持つチャーリー・パーカーにちなんだ呼び名だった。

弟のドナルド・アイラーはプロのトランペット奏者で、兄弟共演をしたこともある。

1952年、16歳の時、アイラーは、ブルーズの歌手でハーモニカも演奏するリトル・ウォルターと一緒に、時に自動車の警笛にも似た音を出しながらR&Bのスタイルのテナーを演奏し、酒場でのライヴ活動を始めた。こうして夏休みを二年連続でウォルターのバンドで演奏するのに費やしたのである。高校卒業後、アイラーは軍隊に入隊し、そこでいろいろなミュージシャンと即興演奏を披露しあった。そうした相手の中には、テナーのスタンリー・タレンタインもいた。アイラーは連隊のバンドでも演奏した。1959年にはフランスに駐在し、晩年の演奏活動の根源を成す影響を与えたと思われる軍楽にますます親しむこととなった。軍隊を除隊になった後、アイラーはロサンゼルスとクリーヴランドで音楽で身を立てようとしたが、彼の演奏が伝統的な演奏のスタイルを打破する傾向をますます強めていたため、つまり伝統的な和声からますます遠ざかるものとなっていたため、クラシックなスタイルを身上とするミュージシャン達からは歓迎されなかった。

アイラーは1962年スウェーデンに移住し、そこで録音を積み重ねていった。ラジオの収録にスウェーデンやデンマークのグループを率いて出演したり、1962年から1963年にかけて、冬、セシル・テイラーのバンドにノーギャラのメンバーとして参加して演奏したりしている。(長く噂になっていた、アイラーがテイラーのグループに参加したテープが、2004年レヴァナント・レコードから発売された。CD10枚組。[5])アルバム「My Name Is Albert Ayler(私の名はアルバート・アイラー)」では、スタンダードを演奏している。コペンハーゲンのラジオ局のために、地元のミュージシャンとのセッションを録音したものである。ミュージシャンの中には、ニールス・ヘニング・オルステッド・ペデルセンやドラマーのロニー・ガーディナーたちがいた。アイラーはテナーとソプラノを「サマータイム」といった曲で使用している。

情熱と生命力が溢れ出る音楽[編集]

アイラーはアメリカ合衆国に戻り、ニュー・ヨークに住み、活動を始める。ベーシストのゲイリー・ピーコック、ドラマーのサニー・マレイとともに、強い影響力を持つトリオを結成した。このトリオでは、アイラーの重要な転機となったアルバム「スピリチュアル・ユニティ」-ESPディスク・レコードから発売され、30分間の強烈なフリーの即興演奏を収録している-を録音している(本作はフリー・ジャズというジャンルの代表的作品として知られ、収録曲「ゴースツ」は、アイラーの代表曲とされる)。エリック・ドルフィがアイラーのことを、「これまでに出会った中で最も優れた演奏家だ」と言ったという話があるが、こうしたニュー・ヨークのジャズのリーダー達から支持され、アイラーは敬意を勝ち取り、聴衆を増やしていった。彼は、ジョン・コルトレーンといった経験豊かなベテランだけでなく、今まさに生まれ出ようとしていた新しい世代のジャズ演奏家達にも影響を与えた。1964年にはアイラーは、先のトリオのメンバーに、さらにトランペットのドン・チェリーを加えたバンドでヨーロッパをツアーして回っている。このツアーは録音され、「ヒルヴァーサム・セッション」として発表された。

アイラーのトリオは、まさにフリー・ジャズと言われる音を創り出したと言える。[要出典]マレイは安定した周期的なリズムを刻むことはまずなく、またアイラーのソロはペンテコステ、すなわち聖霊降臨祭を思わせるものであった。[要出典]しかし、トリオでの演奏は依然としてジャズの伝統を感じさせるものだった。このグループによる次の演奏は、トランペッターの弟ドナルドが加わったもので、これまでの演奏のあり方を根底から覆すものだった。アルバム「ベルズ」から始まる、ニュー・ヨーク・タウン・ホールでのコンサートの録音には、ドナルド・アイラーチャールズ・タイラールイス・ウォレルサニー・マレイらが参加している。アイラーは連続して行進曲、あるいは、メキシコの伝統的な音楽のスタイル、と言うべきか-を演奏する方法を採り入れ始めていた。テーマと、複数のサキソフォンが同時にフリーな即興演奏を倍音を出しながら吹くパートとを交互に演奏するというもので、野性的かつ唯一無二なその音は、ジャズをルイ・アームストロングの前の段階のルーツである集団即興に立ち帰らせるものであった。[要出典]この新しい音は、スタジオ・アルバムの「スピリッツ・リジョイス」で確固たるものとなり、さらに同じ顔ぶれによるニュー・ヨークのジャドソン・ホールでの演奏が録音された。アイラーは、1970年にインタヴューで、自分の後期の演奏のスタイルを「エナジー・ミュージック」と呼んでいる。これは、そもそも彼自身とコルトレーンが演奏していた「宇宙的ビバップ」と対比してのことであった。[要出典] この方法は「ヴィレッジ・コンサーツ」まで続き、アイラーが本でいうように、ESPレコードはフリー・ジャズの主要なレーベルとしての地位を確立した。

1966年、アイラーはコルトレーンの強い勧めもあってインパルス・レコードと契約した(1968年のアルバム『ニュー・グラス』は、大半の楽曲がボーカル入りという異色作である)。コルトレーンは当時インパルスの中心的な呼び物とでもいうべき存在だった。しかし、インパルスから録音を発表するようになったにもかかわらず、アイラーの根本からこれまでの音楽とは異なった演奏が多数の聴衆を獲得することは、決してなかった。コルトレーンが1967年に亡くなったが、アイラーは彼の葬儀で演奏した数人の演奏家の一人であった。1967年後半には、ドナルド・アイラーがいわゆる神経衰弱となった。ニュー・ジャージーのニューアークで発行されていた音楽雑誌クリケットの編集者アミリ・バラカとラリー・ニールへ宛てた手紙の中で、アイラーは、空中に不思議な物体が浮かんでいるのを目撃した、と語り、彼と弟は「額に全能の神のしるし」をつけられていると信じるようになった、と語っている。[6]

晩年[編集]

その後の二年半、アイラーは、それほどロックンロールからかけ離れてはいない音楽を録音している。空想的ヒッピー・タイプの歌詞を、同棲していたアイラーの彼女のメアリー・マリア・パークスにたびたび書いてもらってはいたのだが。アイラーは自分が音楽を始めた時のルーツに立ち帰って、リズムアンドブルースの要素やファンキーなもの、電器リズムなどを採り入れ、さらにはホーンセクションに新たな楽器を追加したりして(例えばスコットランド高地のバグパイプなど)数曲、仕上げている。1967年ラヴ・クライ(Love Cry)は、この方向に踏み出したことの具体的な成果だった。アイラーのスタジオ・ライヴの録音、例えばゴースト(Ghosts)やベル(Bells)は、フリーな即興演奏を抑え、テーマの演奏時間をより増やしたものとなった。[要出典]

その次に発表されたリズムアンドブルースのアルバムであるニュー・グラスは、だいたいの場合アイラーのファンには罵倒されたものだが、多くのファンはこのニュー・グラスをアイラーの作品のうちで最低な出来のアルバムだと考えていた。[7][8]このアルバムの商業的失敗の後、アイラーは、彼がかつて演奏していた「宇宙ビ・バップ」の録音とニュー・グラスでのサウンドを結びつけることを、彼の最後の2枚のアルバムで試みたのである。ミュージック・イズ・ザ・ヒーリング・フォース・オヴ・ザ・ユニヴァース(音楽は宇宙の癒しの力である)は、キャンド・ヒートヘンリー・ヴェスタインを、ジャズ・ミュージシャンであるピアニストのボビィ・フューなどと一緒に大きく前面に出したサウンドとなっている。

1970年7月、アイラーはフリー・ジャズの演奏法に立ち戻った。フランスでショーを行うグループのためである(フォンダスィヨン・マエーでの演奏を含む)。しかし、彼が集めることができたバンド(コール・コブ、ベースのスティーヴ・ティントワイス、そしてドラムズのアレン・ブレアマン)は、彼が初期の頃に組んでいたバンドほどにはその素晴らしさを理解されることはなかった。[9]

アイラーは1970年11月5日、その姿を消した。その後、11月25日にニューヨーク市のイースト・リヴァーで死体が見つかった。自殺と推定されている。[10]その後しばらくしてからアイラーは殺されたのだという噂が広まった。後に、パークスは、「アイラーはがっかりして、自分の失敗を悔い、自分の兄の問題について、自分のことを責めていた」と述べている。パークスは「彼は死体が見つかる直前に、実際に何度か自殺しようした。そして、自殺するのを止めるよう説得しようとすると、テレビの上に置いてあったサキソフォンを1本取り上げて、粉々に打ち砕いたことがあった。それから、自由の女神像のフェリーに乗って、船がリバティ・アイランドに近づいたところで川に飛び込んだのだ。」とはっきりと述べている。[11]彼の亡骸は、オハイオ州クリーヴランドに埋葬された。

影響と遺産[編集]

1969年のアルバム「フォークジョークオパス」で、イギリスのギタリスト/シンガーソングライターのロイ・ハーパーは、「一人はみんなのために」という曲をアルバート・アイラーに捧げている。「私がコペンハーゲンに居た時に知り合って愛した人に」と銘打たれている。[要出典]ハーパーは、アイラーのことを、「時代をリードするジャズマンの一人だ」と考えていたのである。[12]「フォークジョークオパス」のライナーノートで、ハーパーは、「とにかくいろいろな意味で、アイラーは最高だった」と記している。

アイラーの、作曲する時の一般的ではないやり方と、彼の死を取り巻く不可解な環境が、アイラーをカルト・アーティストへと変貌させてしまった。[要出典]「ゴースト」は、その跳ねるリズム、単調な旋律(どちらかというと子守歌の韻を踏んだ歌詞を思い起こさせる)が、おそらく彼の曲の中で一番広く知られているものだろうが、フリー・ジャズのスタンダードであるとも言える。レスター・ボウイオール・ザ・ミュージック(1982)でこの曲をカヴァーしており、その他、ゲイリー・ウィンドユージーン・チャドボーンクレイジー・バックワーズ・アルファベットジョー・マクフィージョン・チカイケン・ヴァンダーマークなどがやはりこの曲をカヴァーしている。[要出典]サキソフォニストのマーズ・ウイリアムズは、ウイッチズ・アンド・デヴィルズ(=魔女達と悪魔達)というバンドを率いているが、これはアイラーの曲にちなんで名づけられたもので、何枚かの録音を残している。ペーター・ブロッツマンのダイ・ライク・ア・ドッグ・カルテットは、なんとなくアイラーにその活動を捧げている。彼らのレコード、「リトル・バード・ハヴ・ファースト・ハーツ」はアイラーの若い頃のあだ名のことを言っている。アート・アンサンブル・オヴ・シカゴは「レバート・アーリー、アルバート・アイラーに捧ぐ」をフェイズ・ワンの時に録音している(1971)。デヴィッド・マレイは、「アルバートに花を(Flowers for Albert)」を捧げているが、マレイの何枚かのアルバムで聴くことができる。また、この曲は、ティツィアナ・シモーナスカタリテも録音している。ベーシストのジェ・ローム・パーカー・ウェルズは、「アルバート・アイラーについての瞑想」をプロデュースし、トニー・ビアンコがドラマーとして、またルーサー・トーマスがアルト・サックスで参加している。このトリオのライヴでの即興演奏は、アイラーの71歳の誕生日に合わせて制作され、アイラー・レコードから発売されている。

1996年9月20日に、第一回目のアルバート・アイラー・フェスティヴァルが、ニューヨークはグリーンウィッチ・ヴィレッジのワシントン・スクエア・チャーチで開催された。その日演奏したのは、ゲイリー・ルーカスアミリ・バラカジョー・マクフィー・カルテット、ペーター・ブロッツマン&トマス・ボルグマン・カルテット、ジョー・ジアデュロ・カルテット、サニー・マレイジョセフ・ジャーマンサーストン・ムーアなどだった。[要出典]マーク・リボットはアイラーから影響を受けていることに言及し、頻繁にアイラーの曲を演奏している。[13]また、リボットは「ベル」を1994年のシュレックで、「ゴースト」を1995年のドント・ブレイム・ミーで、「セイント」と「ウィッチ・アンド・デヴィル」を2001年のセイントで、録音している。そしてさらに、2005年には、全曲がアイラーの曲で構成されたアルバムを発表し、スピリチュアル・ユニティと題して、集団即興の素晴らしさを謳う演奏を発表している。

2005年、スウェーデンの映画制作者であるカスペル・コリンは、「私の名はアルバート・アイラー」というタイトルでアイラーの生涯についての記録映画を発表した。[14]映画の中では、スウェーデンとフランスでのコンサートのライブコンサートを収録した唯一の映像を見ることができる上に、アイラーの父親であるエドワードと弟のドナルドがインタヴューを受けて細かく具体的に語る様子を見ることができる。

ジョン・コルトレーンは来日時のインタビューで、もっとも自分に影響を与えた音楽家二人としてオーネット・コールマンとともにアイラーの名前を挙げた。アイラーの演奏を聴いて、自分もこのように演奏できたら、と言ったとの説あり。アイラーは、コルトレーンに心酔していた。コルトレーンの葬儀の時にはソロ演奏もした。本人の演奏にはニューオーリンズ・ジャズの影響が強く見られ、マーチや葬送曲やフォークソング等を主題にした曲が多い。特にソプラノ・サックスの演奏ではシドニー・ベシェから多大な影響を受けているようである。

ディスコグラフィ[編集]

Year Album Label Notes
1962 Something Different!!!!! (aka The First Recordings Vol. 1) Bird Notes Records
1962 The First Recordings, Vol. 2 Bird Notes Records
1963 My Name is Albert Ayler Black Lion Records
1964 Witches & Devils Freedom Records
1964 Goin' Home Black Lion
1964 Prophecy ESP Live
1964 Albert Smiles With Sunny Inrespect Records Live
1964 Spiritual Unity ESP (Reissued on Venus Records)
1964 New York Eye And Ear Control ESP
1964 Albert Ayler Philology Jazz Records Live
1964 The Copenhagen Tapes Ayler Records
1964 Vibrations Freedom
1964 The Hilversum Session Osmosis Records (Reissued on Coppens Records)
1965 Bells ESP (Reissued on Venus) Live
1965 Spirits Rejoice ESP (Reissued on Venus)
1965 Sonny's Time Now Jihad Records
1966 At Slug's saloon, vol. 1 & 2 ESP (Reissued on Venus) Live
1966 Lörrach / Paris 1966 Hathut Records Live
1966 In Greenwich Village インパルス!レコード Live
1967 Love Cry インパルス! Studio
1968 New Grass インパルス! Studio
1969 Music Is the Healing Force of the Universe インパルス! Studio
1969 The Last Album インパルス! Studio
1970 Nuits de la Fondation Maeght Vol. 1 Shandar
1970 Live on the Riviera ESP Live
2004 Holy Ghost: Rare & Unissued Recordings (1962–70) Revenant Records 9CD Box set
2006 The Complete ESP-Disk Recordings ESP

[編集]

  1. ^ Litweiler, John (1984). The Freedom Principle: Jazz After 1958. Da Capo. p. 159. ISBN 0-306-80377-1. 
  2. ^ Wilmer, Val (1977). As Serious as Your Life. Quartet. p. 94. ISBN 0-7043-3164-0. 
  3. ^ Wilmer, Val (1977). As Serious as Your Life. Quartet. pp. 95–96. ISBN 0-7043-3164-0. 
  4. ^ Litweiler, John (1984). The Freedom Principle: Jazz After 1958. Da Capo. p. 153. ISBN 0-306-80377-1. 
  5. ^ Revenant Records: Albert Ayler Holy Ghost”. Revenantrecords.com (2011年7月16日). 2011年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月25日閲覧。
  6. ^ Ayler, Albert (1969). “To Mr Jones - I Had a Vision”. The Cricket: 27 
  7. ^ Young, Ben (2004). Albert Ayler: Holy Ghost (Tracks). Revenant. p. 160. 
  8. ^ Campbell, Al. “New Grass”. Allmusic. 2008年9月13日閲覧。
  9. ^ Wilmer, Val (2004). Albert Ayler: Holy Ghost (Spiritual Unity). Revenant. p. 27. 
  10. ^ Mandel, Howard (2008年6月7日). “Albert Ayler's Fiery Sax, Now on Film”. National Public Radio. 2009年8月30日閲覧。
  11. ^ "Albert Ayler" by Jeff Schwarz, Chapter 6”. 2009年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月25日閲覧。
  12. ^ Roy Harper site”. Web.archive.org (2009年2月17日). 2009年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月25日閲覧。
  13. ^ Olsen, P. Marc Ribot: That's the Way I View It From New York published March 27, 2006 on Allaboutjazz.com
  14. ^ The jazz documentary”. Albert Ayler. 2012年6月25日閲覧。

関連項目[編集]