アルバートオデッセイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルバートオデッセイ
ジャンル シミュレーションRPG
対応機種 スーパーファミコン(SFC)
Wiiバーチャルコンソール)[VC]
開発元 東海エンジニアリング
発売元 サンソフト
人数 1人
メディア ROMカートリッジ
発売日 SFC:1993年3月5日
VC:2010年10月19日
テンプレートを表示

アルバートオデッセイ』 (Albert Odyssey)は、1993年3月5日にサンソフト(サン電子)が発売したスーパーファミコンゲームソフトである。

概要[編集]

村や町での移動はオーソドックスなコンピュータRPGタイプで、ワールドマップやダンジョン内での移動&戦闘がシミュレーションRPGタイプとなっている。

ストーリー[編集]

チベリス生まれのアルバートはグローバス復活を阻止する旅に出る。

登場人物[編集]

アルバート
本作の主人公。勇者の血を引く明るく正義感の強い少年。家系を遡ると王族の血をも引いている。
ソフィア
本作のヒロイン。十年前、母親を目前で殺されたショックで魔導の力が暴走してしまう。その後、ソフィアはゴート騎士団の団長スレイに引き取られ、現在は宮廷魔術師としてゴートの第四師団に所属。
ノイマン
アルバートの親友。僧侶の卵。両親はノイマンがまだ幼い頃に他界したため、チベリスの司祭が彼を引き取って育てている。
スレイ
ゴート王国の騎士団長。その剣技はゴート騎士団屈指のものであり、巨大なドラゴンすら一撃のもとに倒してしまうほど。
ダッシュ
圧政により民衆を苦しめる者や強欲な者のみを狙う、神出鬼没の義賊。民衆の間では人気が高いのだが、滅多に人前に現われることはない。
マージン
エルフ族の里シルヴィシスの出身。エルフ族は不老の種族で、その体はこの世の終焉まで留まると言われている。
ガリオク
頑固な意志に屈強な体で知られるドワーフ族、その中でも老骨ながら熟達した力を持つ戦士である。
ライアモス
神聖十字軍の団長。アルバート達と対峙する事になる。
シン
魔導の血を引く、神聖十字軍の騎士。冷気を操ることから『氷の貴公子』と呼ばれ、神聖十字軍の中でもずば抜けた実力を発揮している。アルバート達と対峙する事になる。
フィロ
放浪の賢者。後に第一期・魔導戦役と呼ばれる事になる戦いの戦場となったとある地にてアルバート達は彼と出会う事となるが…。
オズワルド
古の魔法文明グローバスの血を引く、悪の大魔導師。水晶の力を使ってグローバス王を復活させ、失われた秘法を利用した世界征服をもくろむ。
ゴート8世
現在のゴート王国国王。
アルバートの母
息子であるアルバートを女手一つで育ててきた。勇者の家系には、16歳になった男児は試練のために旅に出なければならないという習わしがある。アルバートの母もその習わしに従い、16歳となったアルバートに家宝である『勇者の剣』与え、試練の旅へ送り出す事となった…。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]