アルバニア民兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルバニア民兵(アルバニアみんぺい、イタリア語: Milizia Albanese英語: Albanian Militia)はアルバニアファシスト党による武装組織[1][2]イタリア王国によって既に保護国化されていたアルバニアに兵力を進駐させ、1939年4月に同君連合として傀儡政権が設置された後に結成された[1]。イタリアのファシスト党における黒シャツ隊(MVSN)に相当するものであり、またアルバニア民兵は黒シャツ隊の一部であるとされた。結成当初はアルバニアに居住するイタリア人が募集の対象となったが、後にアルバニア人にも対象が拡大された[3]司令部ティラナに置かれ、四つの連隊規模のレギオンがティラナの他コルチャヴロラシュコドラに設置された。ギリシャ侵攻の際には戦闘に参加している。アルバニア民兵は1943年のイタリアの連合国軍に対する降伏に伴って解散した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Italian_Militia(英語),2011-11-17閲覧。
  2. ^ Military Units and Formations of Italy in World War II, Including: Regia Aeronautica, Italian Co-Belligerent Air Force, List of Italian Divisions in World War II, Black Brigades, Albanian Militia, Mvsn Colonial Militia, Mvsn Original Organization,Hephaestus Books,Aug 2011(ISBN:1242560289)
  3. ^ Remembering_WWII(英語),2011-11-17閲覧。

関連項目[編集]