アルノルト・ファン・ヘネップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルノルト・ファン・ヘネップ
生誕 1873年4月23日
ドイツヴュルテンベルク王国ルートヴィヒスブルク
死没 1957年(84歳)
フランスパリ、Bourg-la-Reine
職業 民俗学者文化人類学者

アルノルト・ファン・ヘネップ(Arnold van Gennep, アーノルド・ファン・ジェネップ/アルノルド・ヴァン・ジェネップとも,1873年4月23日 - 1957年)は、フランスの文化人類学者民俗学者。1912年からスイスのヌーシャテル大学の教授を務めた。「通過儀礼」概念で後世に多くの影響を残した。

当時、デュルケーム学派がフランスの主流学派であったが、彼等は実地調査を行わなかった。対して、ファン・ヘネップは民族的習慣を生きた文化として重視し、精力的に民俗学資料を集め、『現代フランス民俗学』を出版した。後年、有力な民俗的資料として利用され、今日の社会史研究に大きな影響を与えている。

ファン・ヘネップはオランダ語読みで、フランス語読みではバン(ヴァン)・ジュネップ。ドイツ語読みでゲネップとも表記されることがある。父がフランス系軍人、母がオランダ貴族出身でヘネップ自身はドイツに生まれ、フランスで育ち活躍したことから、日本で用いられる現地読みに基づいた表記の混乱が生じたと推測される。

主要著作[編集]

  • Les rites de passage, Emile Nourry, 1909.
  • Manuel de folklore français contemporain (titré Le Folklore français dans la réédition chez Robert Laffont, collection « Bouquins »), 1937-1958.