アルネ・ネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルネ・ネスArne Næss, 1912年1月27日 - 2009年1月12日)は、ノルウェー哲学者ディープエコロジーの提唱者として世界的に有名。

ネスは1939年(27歳)にノルウェーのオスロ大学哲学科の教授となり、長年に渡り、ノルウェーの哲学及び社会研究の分野にて指導的役割を果たした。

ネスは学術分野に留まらず、行動家としても知られている。第二次世界大戦期のノルウェーはナチス・ドイツの占領下にあったが、ネスはレジスタンス運動に参加していた。 また、戦後は故国の大規模な開発に対して抗議運動を指導している。それら活動の際のネスの行動の特徴は、ガンディー非暴力哲学に強く影響を受けており、そのように実践している。

ネスは私的活動では登山家であり、7000m級の山に足跡を残している。彼の甥のアルネ・ネス・ジュニア(Arne Næss jr.)もエベレストに登頂する程の登山家であったが、2004年1月に登山中の事故で死去。なお、ジュニアは歌手ダイアナ・ロスと1985年から1999年まで結婚しており二人の息子をもうけた。

文献[編集]

  • アルネ・ネス『ディープ・エコロジーとは何か―エコロジー・共同体・ライフスタイル』斎藤直輔、開龍美訳(文化書房博文社、1997[原著:1989])
  •  アルネ・ネス「シャロー・エコロジー運動と長期的視野を持つディープ・エコロジー運動」下記ドレングソン、井上 31-41.
  •  アラン・ドレングソン、井上有一共編『ディープ・エコロジー―生き方から考える環境の思想』井上有一監訳(昭和堂、2001[原著:1995])
  •  フリチョフ・カプラ、アーネスト・カレンバック『ディープ・エコロジー考―持続可能な未来に向けて―』靍田栄作訳(佼成出版社、1995)
  •  尾関周二「ネス」尾関周二・亀山純生・武田一博編『環境思想キーワード』(青木書店、2005)
  •  尾関周二「ディープ・エコロジー」上記尾関・亀山・武田編

外部リンク[編集]