アルナルド・モミリアーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルナルド・ダンテ・モミリアーノ (Arnaldo Dante Momigliano KBE(騎士):1908年9月5日 - 1987年9月1日)は、イタリア出身の歴史学者西洋古典学者。史料批判の研究で知られ、ドナルド・ケーガンは、指導的研究者として特記した。戦後は英語圏で研究活動を行った。

1936年にトリノ大学古代ローマ史の教授になったが、反ユダヤ人種法により、その地位を追われ英国へ移住、以後そこで暮らし、一時はオックスフォード大学で、その後はロンドン大学に行き1951年から1975年まで教授を務めた。

また定期的に、アメリカシカゴ大学でも講じ、そこでは人文学のアレキサンダー・ホワイト教授と呼ばれ、他にピサ師範学校にも顔を出し、ニューヨーク・タイムズ・ブックレビューにも書評を載せている。

さらには、古代ギリシアの歴史家やその方法論に関する研究に加え、エドワード・ギボンのような近代以降の歴史家にも関心を持ち、彼らについても多くの研究論文を書いている。1930年以後に、イタリア百科辞典に多数の伝記を寄稿し、1940年代から50年代にかけ、オックスフォード古典辞典やブリタニカ百科辞典に、関連事項・人物伝を寄稿している。

1974年に大英帝国勲章(KBE)を受章し、没後に多くのエッセイが出版された。

訳書[編集]