アルナルド・タマヨ・メンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルナルド・タマヨ・メンデス
インターコスモス
国籍 キューバ
現況 引退
誕生 1942年1月29日
グアンタナモ
他の職業 パイロット
階級 准将
宇宙滞在期間 7日20時間43分
選抜試験 1978 Intercosmos Group
ミッション ソユーズ38号
記章 Soyuz38 patch.png

アルナルド・タマヨ・メンデス(Arnaldo Tamayo Méndez;1942年1月29日 - )は、キューバ初の宇宙飛行士。軍人、飛行士。キューバ共和国英雄。

グアンタナモ市の労働者の家庭に生まれる。9歳の時から果物売り、靴磨きで働き始めた。13歳の時から靴工場で働く。

革命軍に入隊。1960年~1961年、ソ連のエイスク飛行士高等軍事航空学校で学び、MiG-15の操縦に習熟した。1961年、エヘルシト・レベリデ工業大学を卒業。

1962年10月のキューバ危機時、サンアントニオの空軍基地で勤務。偵察と迎撃のために、MiG-15で20ソーティー以上を遂行した。1969年から1971年まで、アントニオ・マクシモ・ゴメス革命軍高等学校で学ぶ。1971年~1975年、サンタクララに駐屯する航空旅団参謀長。1975年、副旅団長に任命。

1978年3月、インターコスモス計画の宇宙飛行士候補に選抜され、ガガーリン宇宙飛行士訓練センターで訓練に入る。同年10月、ソユーズ38号の乗組員に指定。ホセ・ロペス・ファルコンがバックアップを務めた。

1980年9月18日~26日、ソユーズ38号と宇宙ステーションサリュート6号で宇宙に滞在。9月26日、ソ連邦英雄称号とレーニン勲章が授与された。

1981年から1992年まで、軍事愛国教育協会を率いる。第4期国会議員、「キューバ-ロシア」友好会派の議長。1997年から国防省対外関係局長。現在、年金生活。

キューバ共和国英雄、ソ連邦英雄。プラヤ・ヒロン勲章、レーニン勲章を受章。