アルトヴィグ・ドランブール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルトヴィグ・ドランブール

アルトヴィグ・ドランブール(Hartwig Derenbourg, 1844年6月17日 - 1908年4月12日)はフランス言語学者である。言語学者ジョゼフ・ドランブールの息子としてフランスのパリに生まれる。ゲッティンゲンライプツィヒで学んだのち、アラビア語を研究する。1879年博士になり、1886年パリ高等研究院イスラム教学の教授になる。父ジョゼフとともにサーディアアブー・アルワリードの伝記の編著を行ったほか、多数書籍を刊行する。

著書[編集]

  • Le Dinan de Nabiga Dhobyani
  • Le Livre de Sibawaih (2 vols., Paris, 1881-1889)
  • Chrestomathie élémentaire de l'Arabe littéral (in collaboration with Spiro, 1885; 2nd ed., 1892)
  • Ousama ibn Mounkidh, un emir syrien (1889)
  • Ousama ibn Mounkidh, preface du livre du baton (with trans., 1887)
  • Al-Fakhri (1895)
  • Oumdra du Gimen (1897), a catalogue of Arabic MSS. in the Escorial (vol. i., 1884).