アルトゥーロ・ルポリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルトゥーロ・ルポリ Football pictogram.svg
ArturoLupoli03.jpg
名前
愛称 The Wolf
Wolfman, Il Lupo
カタカナ アルトゥーロ・ルポリ
ラテン文字 Arturo LUPOLI
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1987年6月24日
出身地 カンパニア州ナポリ県フラッタマッジョーレ
身長 177cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 USグロッセト
ポジション FW
背番号 52
利き足 左足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アルトゥーロ・ルポリ(Arturo Lupoli, 1987年6月24日 - )は、イタリア出身のサッカー選手。ポジションはフォワードアスコリ・カルチョ所属。

パルマの下部組織出身であり、将来的にはイタリア代表のフォワードをジュゼッペ・ロッシと共に担う存在といわれている。下の世代の代表はU-16から各年代に呼ばれ、2007年現在はU-21イタリア代表に招集されている。17歳にして国外のトップリーグに移籍した異色のキャリアの持ち主でもある。2004-2005シーズンのイングランドプレミアリーグのリザーブリーグ得点王。

来歴[編集]

下部組織時代[編集]

2003-2004シーズンに、パルマの下部組織でキャリアをスタートさせる。パルマのアッリエーヴィ(15、16歳のカテゴリー)時代には、22試合出場、45得点という驚異的な得点力を発揮している。また、同じチームに所属していたジュゼッペ・ロッシ等とともにアッリエーヴィの全国大会を制覇した。

2003年にパルマの親会社であるパルマラットが破産したのを受け、シーズン終了後に多くのトップカテゴリの選手達とともにルポリも放出されることとなり、17歳にしてジュゼッペ・ロッシとともにイングランドプレミアリーグに渡る。(ジュゼッペ・ロッシはマンチェスター・ユナイテッドに移籍)

プロ選手時代[編集]

2004-2005シーズン、アーセナル加入。移籍当初は「青田買い」と言われていたが、いきなりリザーブリーグ得点王に輝き周囲を驚かせた。さらにカーリングカップでエヴァートンを相手に2ゴールを上げ、非凡な才能を見せつけた。しかし、当時のアーセナルには、前年度にリーグ30得点し得点王に輝いたティエリ・アンリデニス・ベルカンプ等、錚々たる顔ぶれがFWのレギュラーを勤めており、ルポリのトップリーグでの出場機会は1試合に留まった。

2006-2007シーズンは出場機会を求め、レンタルでイングランドの2部リーグである、フットボールリーグ・チャンピオンシップダービーに移籍。34試合に出場し、7得点を挙げチームのプレミアリーグ昇格に貢献した。

2007-2008シーズンはアーセナルと契約延長はせず、移籍金フリーでフィオレンティーナに完全移籍した。アドリアン・ムトゥジャンパオロ・パッツィーニクリスティアン・ヴィエリが在籍する同クラブも前線の層が厚く、前半戦の出場はカップ戦の1試合のみに留まった。これを受けてルポリは出場機会を得るために移籍を志願し、2008年1月にセリエBに所属するトレヴィーゾFCへとレンタル移籍した。

備考[編集]

所属クラブ[編集]