アルトゥール・リーベヘンシェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルトゥール・リーベヘンシェル(Arthur Liebehenschel、1901年11月25日 - 1948年1月28日)は、ナチス・ドイツアウシュヴィッツ強制収容所マイダネク強制収容所の所長。親衛隊(SS)の将校であり、最終階級は親衛隊中佐(SS-Obersturmbannführer)だった。

略歴[編集]

ポーゼン出身。経済学行政学を学ぶ。第一次世界大戦にも従軍し、上級曹長まで昇進。1932年に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)に入党(党員番号932,766)。1934年に親衛隊(SS)に入隊し(隊員番号39,254)、髑髏部隊に勤務した。1934年からトルガウのリヒテンブルク強制収容所(de:KZ Lichtenburg)に副所長をしていた。1937年に強制収容所総監テオドール・アイケの事務所で勤務し、強制収容所の総監業務に当たるようになる。

1942年にナチ強制収容所が親衛隊経済管理本部D局の所管に移行した後にもD局に移動となり、引き続き強制収容所監督業務にあたる。さらに1943年11月にルドルフ・フェルディナント・ヘスの後任としてアウシュヴィッツ強制収容所の所長に就任する。1944年にヘスが再度アウシュヴィッツの所長となると1944年5月19日からマルティン・ゴットフリート・ヴァイスの後任としてマイダネク強制収容所の所長に就任する。ソ連軍の接近でこの収容所から避難したのちは親衛隊人事部へ配属された。

戦後、アメリカ軍により逮捕された。彼の身柄はアメリカ政府からポーランド政府へ引き渡された。クラクフでポーランドが開いたアウシュヴィッツ裁判にかけかれ、死刑判決を受けた。1948年1月28日に絞首刑に処された。

文献[編集]

  • Karin Orth著 「Die Konzentrationslager-SS. Sozialstrukturelle Analysen und biographische Studien」 dtv 34085, München 2004(ドイツ語) ISBN 3-423-34085-1
  • Hermann Langbein著 「Menschen in Auschwitz」 Europa Verlag, Wien, München 1995 (ドイツ語)ISBN 3-203-51215-7

外部リンク[編集]