アルトゥル・ローゼンベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルトゥル・ローゼンベルクArthur Rosenberg, 1889年12月19日 - 1943年2月7日)はドイツ歴史家政治家

生涯[編集]

ベルリンで生まれる。ベルリン大学で古代史の碩学エドゥアルト・マイヤーの教えを受け、古代史と考古学を学び、第一次世界大戦直前の1913年に博士論文「古代イタリア国家 - ラテン人・エスケ人・エトルリヤ人の原始的な政治構造に関する研究」で学位を取る[1]。ベルリン大学での教授資格を得て30-33年ベルリン大学で古代史を講じた。

1918年十一月革命後、ドイツ社会民主党に入党。ドイツ共産党と合同したあとはベルリン市議会議員、1924-28年国会議員、28年離党。

ナチスユダヤ人排斥のためにイギリス亡命した。

1938年からブルックリン大学教授1955年第一次世界大戦の敗因に関するドイツ国会での調査活動をもとに「ワイマール共和国の成立と歴史」(1928/33年の著書の合本)を出版した。

著書[編集]

  • Demokratie und Klassenkampf im Altertum. Bielefeld 1921. Neuauflage Ahriman Verlag, Freiburg 2007, ISBN 978-3-8948-4810-1.
  • Die Entstehung der deutschen Republik 1871–1918. Berlin 1928
  • Entstehung und Geschichte der Weimarer Republik. 1928–1935
  • Geschichte des Bolschewismus: Von Marx bis zur Gegenwart. Berlin 1932 (auch englisch, italienisch, norwegisch, hebräisch und französisch)
  • Der Faschismus als Massenbewegung: sein Aufstieg und seine Zersetzung. Karlsbad 1934
  • Geschichte der deutschen Republik. Karlsbad 1935
  • Demokratie und Sozialismus. Amsterdam 1938
  • Demokratie und Klassenkampf. 1938 (auch englisch)

邦訳[編集]

  • 野村修・訳『ボルシェヴィズムの歴史』(1968年、晶文社)
  • 足利末男・訳『ヴァイマル共和国成立史 ― 1871-1918』(1969年、みすず書房)
  • 吉田輝夫・訳『ヴァイマル共和国史』(1970年、東邦出版社)
  • 田口富久治、西尾孝明・訳『民主主義と社会主義 近代ヨーロッパの政治史』(1968年、青木書店)

脚注[編集]

  1. ^ A.ローゼンベルグ 『民主主義と社会主義』 青木書店、1968年、P.257。