アルテュール・ド・ゴビノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルテュール・ド・ゴビノー(1864年)

ジョゼフ・アルテュール・ド・ゴビノー伯爵Joseph Arthur Comte de Gobineau 1816年7月14日 - 1882年10月13日)はフランスの貴族主義者、小説家、文人。『諸人種の不平等に関する試論』Essai sur l'inégalité des races humaines(1853年 - 1855年)の中で白人至上主義を提唱し、アーリア人を支配人種と位置づけたことで知られる。

生涯と思想[編集]

オー=ド=セーヌ県ヴィル=ダヴレー出身。

父親は官僚で強硬な君主論者。母親アンヌ=ルイーズ・マドレーヌ・ド・ジェルシは王室税務官の娘でサントドミンゴ生まれのクレオール女性であり、ポーリーヌ・ボナパルトの女官を務め、感傷的な長篇小説Marguerite d'Alby(1821年)や回想録Une Vie de femme, liée aux événements de l'époque(1835年)を著した。ゴビノーは14歳の時、他の男と駆け落ちした母に連れられてスイスで数年間を過ごし、この地で東洋趣味への興味を育んだ。

フランスに戻った当時は七月王政の末期であり、彼は反動主義者の雑誌に連載小説を書いて生計を立てた。このころアレクシ・ド・トクヴィルと友情を結び、膨大な量の書簡をやり取りした(トクヴィルは第二共和政時代に外務大臣を務めていた頃、ゴビノーを外務省入りさせたことがある[1])。ゴビノーは初めペルシアに、次いでブラジルやその他の諸国に赴任し、第二帝政時代に外交官として成功を収めた。

ゴビノーによると、人種こそは文明の淵源であった。黒・白・黄の三人種間の様々な差異は自然が設けた障壁であり、混血によってその障壁が破られることで文明が退化し、カオスに戻ると彼は考えた。彼は中東中央アジア・インド亜大陸・北米・南仏を混血地域と規定した。

ゴビノーは古代印欧文化(別名「アーリア文化」ともしうるところだが、まだその呼称が流布する前の時代だったのでゴビノー自身は使っていない。)を引き合いに出しつつ、「白色人種」の優越性を主張した。彼によると、白色人種復興の担い手たるに充分な力を持っているのはドイツ人であった。もっとも、人類学の黎明期に人種による優劣を信じていたのはゴビノーだけではない。

ゴビノーの思想はヒトラーナチズムに多大な影響を与えたものの、ゴビノー自身は取り立てて反ユダヤ的ではなかった。それどころかゴビノーはユダヤ人を優越人種の一部分たる知的人民と見なし、むしろ産業や文明の推進者と目してすらいた。したがってナチはゴビノーの理論を借用する際、彼の著作の少なからぬ部分を改竄しなければならなかった。これは、親ユダヤ的なニーチェの著作をナチが利用した時のやり方と軌を一にしている。

ゴビノーによれば、帝国というものは発展するにつれて異人種との混血を招き、故にその帝国の創り手たる「優越人種」は絶滅の危機に瀕することとなるという。一種の退化論である。

ゴビノーは死の直前、ヴァーグネリアンの聖地たるバイロイトを訪れ、反ユダヤ的なバイロイト・サークルの勃興に影響を与えた。この直後、ゴビノーはトリノで死去した。

ゴビノーの定義によれば、スペイン人と大半のフランス人、大半のドイツ人、南部および西部のイラン人スイス人オーストリア人、北部のイタリア人、そして大半のイギリス人混血により退化しつつあるという。彼はまた、北部インド人の大半は黄色人種に属するとも述べている。

その他[編集]

バハーイー教徒の間でゴビノーは、ペルシア帝国におけるバーブ教勃興史の唯一の完全版を手に入れた人物として知られている(この記録の筆者であるカーシャーンのハッジ・ミルザ・ジャーンは1852年頃、ペルシアの官憲によって殺害された)。この手稿は現在、パリビブリオテーク・ナショナルに保管されている。

ゴビノーはまた、複数の長篇小説を書いた。代表作は1874年の"Les Pléiades"である。戯曲"La Renaissance"(1877年、邦訳:加茂儀一訳、みすず書房(1948年)、角川文庫(1953年)…いずれも絶版)は当時高く評価された。どちらの書物にも彼の反動的で貴族趣味的な政治思想や、民主主義的な大衆文化への嫌悪が表れている。

ゴビノーは自分自身を北欧ヴァイキングイタリアコンドッティエーリの末裔と信じていた。しかし彼は母方を通じて四分の一クレオールの血を引いており、彼が二子を儲けた妻もまたクレオールであった[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Dictionary of Literay Biography
  2. ^ Dictionary of Literary Biography
  • E. J. Richards, "Arthur de Gobineau" in Dictionary of Literary Biography, Volume 123: Nineteenth-Century French Fiction Writers: Naturalism and Beyond, 1860-1900. A Bruccoli Clark Layman Book. Edited by Catharine Savage Brosman, Tulane University. The Gale Group, 1992. pp. 101-117.

外部リンク[編集]