アルタエア (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルタエア
119 Althaea
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
(アルタエア族?)
発見
発見日 1872年4月3日
発見者 J. C. ワトソン
軌道要素と性質
元期:2007年4月10日 (JD 2,454,200.5)
軌道長半径 (a) 2.582 AU
近日点距離 (q) 2.372 AU
遠日点距離 (Q) 2.791 AU
離心率 (e) 0.081
公転周期 (P) 4.15 年
軌道傾斜角 (i) 5.778°
近日点引数 (ω) 171.28°
昇交点黄経 (Ω) 203.74°
平均近点角 (M) 25.613°
物理的性質
直径 57.30 km
質量 2.0 ×1017 kg
表面重力 0.0160 m/s2
脱出速度 0.0303 km/s
自転周期 11.484 時間
スペクトル分類 S / Sl
絶対等級 (H) 8.42
アルベド(反射能) 0.2306
表面温度
最低 平均 最高
~173 K
色指数 (B-V) 0.874
色指数 (U-B) 0.342
■Project ■Template

アルタエア (119 Althaea) は、小惑星帯に位置する小惑星の一つで、S型小惑星に分類される。古在由秀は小規模な小惑星族を代表する小惑星としているが、研究者によってはその族のメンバーとされた小惑星を別の小惑星族に含める場合もある。

1872年4月3日にアメリカ合衆国天文学者、ジェームズ・クレイグ・ワトソンにより発見され、ギリシア神話に登場するメレアグロスの母アルタイア(ラテン語ではアルタエア)の名にちなんで命名された。2002年に、一ヶ月おきに2度の掩蔽が観測された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
ペイトー (小惑星)
小惑星
アルタエア (小惑星)
次の小惑星:
ラケシス (小惑星)