アルゼンチンヒメクイナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルゼンチンヒメクイナ
アルゼンチンヒメクイナ
アルゼンチンヒメクイナ Porzana spiloptera
保全状況評価[a 1]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ツル目 Gruiformes
: クイナ科 Rallidae
: ヒメクイナ属 Porzana
: アルゼンチンヒメクイナ
P. spiloptera
学名
Porzana spiloptera Durnford, 1877
和名
アルゼンチンヒメクイナ
英名
Dot-winged crake

アルゼンチンヒメクイナPorzana spiloptera)は、動物界脊索動物門鳥綱ツル目クイナ科ヒメクイナ属に分類される鳥類。

分布[編集]

アルゼンチン北部、ウルグアイ南部[1][2]

形態[編集]

全長14-15センチメートル[1]。頸部は短い[1]。頭頂の羽衣は暗黄色や黒、額の羽衣は灰黒色[2]。上面の羽衣は濃緑褐色で、黒い縦縞が入る[1][2]。顔から下面の羽衣は灰黒色で、尾羽基部の下面を被う羽毛(下尾筒)には白い横縞が入る[1][2]。体側面の羽衣は暗灰色で、白い横縞が入る[2]。尾羽は暗褐色[2]。雨覆の外縁(羽縁)は白い[1]

虹彩は濃赤色[1][2]。嘴の色彩は暗灰褐色で、基部は黒い[2]。後肢は褐色[1][2]

生態[編集]

塩性湿原も含めた湿原草原などに生息する[1]

食性は雑食で、昆虫種子、水生植物などを食べる[1]

人間との関係[編集]

開発や干拓野焼き放牧洪水による生息地の破壊などにより生息数は減少している[1]。生息地の一部は保護区に指定されている[1]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ3 中央・南アメリカ』、講談社2000年、191頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 黒田長久、森岡弘之監修 『世界の動物 分類と飼育10-II (ツル目)』、東京動物園協会、1989年、72頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2008.0. Porzana spiloptera. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.