アルスフの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルスフの戦い
Schlacht von Arsuf.jpg
戦争:第三回十字軍
年月日1191年9月7日
場所アルスフ
結果:十字軍の勝利
交戦勢力
十字軍
テンプル騎士団
アイユーブ朝
指揮官
リチャード1世 サラーフッディーン
戦力
歩兵14000
騎士4000
トルコ人騎馬傭兵2000
20000
損害
1000 7000
第三回十字軍

アルスフの戦い(アルスフのたたかい, Battle of Arsuf, 1191年9月7日)は、第3回十字軍の期間中、イングランド王リチャード1世がアルスフの地でサラーフッディーン率いるイスラム勢を破った戦い。

概要[編集]

1191年7月にアッコンを占領したリチャードは、その後険悪になったフランス王フィリップ2世が帰国したことで、エルサレムの再奪回を阻止しようとするサラーフッディーンと単独で対決することとなった。エルサレムを攻撃するためにはまず地中海沿岸の港町ヤッファを奪取しなければならなかったリチャードは、1191年8月アッコンを出発して海岸沿いに南進を開始した。

9月7日にこれをヤッファの北、アルスフで迎え撃ったサラーフッディーンは、十字軍の騎士を誘い出すためにまず軽騎兵による突撃を繰り返した。十字軍側は前衛をテンプル騎士団が、後衛をホスピタル騎士団が固めていた。リチャードは騎士による反撃をできるだけ遅らせ、イングランドクロスボウ隊による撃退を試みたが、この間ホスピタル騎士団はイスラム勢の弓騎兵により大きな損害を被った。ホスピタル騎士団の騎士たちはもはや反撃の命令を待つことができず、サラーフッディーンの右翼に突撃した。これを見たリチャードはすぐさま後に続き、テンプル騎士団も敵の左翼に突撃した。不意を打たれたイスラム勢は打ち破られ、サラーフッディーンは退却を余儀なくされた。

9月10日、リチャードはヤッファを占領し、エルサレム攻撃のための準備を開始した。1192年にはヤッファ奪回のために襲来したサラーフッディーンの撃退に成功したが、守りの固められたエルサレムの奪回は最後まで実現できなかった。