アルザス成城学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルザス成城学園
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人成城学園
設立年月日 1986年
閉校年月日 2003年 中等部、2005年 高等部
共学・別学 男女共学
8, route d'Ammerschwihr, 68240 KIENTZHEIM, FRANCE
外部リンク 公式サイト (Archive)
テンプレートを表示

アルザス成城学園(あるざすせいじょうがくえん、Lycée Seijo d'Alsace)は、かつてフランスにあった、日本人のための教育施設である。設置者は学校法人成城学園(東京都世田谷区)で、2005年平成17年)に廃止されるまでの19年間に、合計556人が卒業した。

概要[編集]

アルザス成城学園のあった、キンツハイムの村

ドイツ国境に近い、アルザス地方オー=ラン県の町、コルマール郊外のキンツハイム(Kientzheim)に、日本人のためのボーディングスクールとして、1986年昭和61年)に開校した。中等部と高等部が同時に開設され[1]、いずれも同年、文部省(当時)から在外教育施設として認定された。

独自性と国際性を持った子供を育てることが目標とされ、古い修道院を改修した建物が校舎として使用されていた。

アルザス成城学園の卒業生には、女優の深田あき宮崎瑠依ものまねタレント山口知香、政治家・中山泰秀、フランス文学者・金沢公子、ラジオDJでサーファーの堀内尚子[2]などがいる。

生徒数の減少による廃校[編集]

バブル経済の崩壊後、日本経済の停滞に伴う現地日本人の減少と、少子化の影響から生徒数は急減、それに伴って2003年平成15年)には中等部、2005年平成17年)には高等部が、それぞれ順次廃止されて閉校となった(公益財団法人 海外子女教育振興財団のウェブサイトは閉校時期を、2000年3月と記載している[3])。

2005年平成17年)2月11日には、最後の卒業式を兼ねた閉校式が行われたが、このときに卒業した生徒は、わずか13名であった[4]。地元の関係者を含む約200人が出席したこの式典では、自身も成城学園の卒業生で、第80代日本国総理大臣を務めた政治家、羽田孜もスピーチを行い、アルザス成城学園の第一期卒業生のひとりである次男[5]とともに学校の閉鎖を惜しんだ[4]

アルザス成城学園閉の敷地建物は学校の閉鎖後、アルザス欧州日本学研究所(CEEJA)[6]として使用されている。この学校における卒業者の各種証明書は、成城学園高等学校にて発行している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 学園の歴史(沿革) 成城学園のウェブサイト、平成23年8月9日閲覧
  2. ^ 1978年(昭和53年)生まれ
  3. ^ 海外の学校情報-欧州地域 公益財団法人 海外子女教育振興財団(2011年5月現在)、平成23年8月9日閲覧
  4. ^ a b http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20050213b1.html Seijo Gakuen closes French campus] 『The Japan Times Online』(ジャパン・タイムス) 2005年2月13日掲載、平成23年8月9日閲覧
  5. ^ 羽田孜の次男は、羽田次郎。羽田次郎は、2011年(平成23年)に行われた世田谷区議会議員選挙に民主党公認候補として立候補し、落選している
  6. ^ アルザス欧州日本学研究所 公式ウェブサイト(フランス語)

外部リンク[編集]