アルゴノートゲームス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルゴノートゲームス
Argonaut Games plc
本社所在地 イギリスの旗 イギリス
ロンドンエッジウェア
設立 1982年
事業内容 コンピュータゲーム開発
代表者 ジェズ・サン(代表取締役)
関係する人物 ディラン・カスバート(キュー・ゲームス代表)
特記事項:2004年倒産
テンプレートを表示

アルゴノートゲームス(Argonaut Games plc)、旧アルゴノートソフトウェア(Argonaut Software)とは、イギリスのゲーム開発会社。1982年設立。2004年、経営難により倒産。元アルゴノートの社員であり、Xスターフォックスの開発に関わったディラン・カスバートは後にキュー・ゲームスを立ち上げている。

歴史[編集]

当時、まだ10代であったジェズ・サンによって設立された。1984年に第一作であるコモドール64用タイトル「Skyline Attack」を開発した。1985年には8ビットコンピューターで3DゲームであるStargliderを開発し、欧州などを中心にヒットした。続編である「StarGlider II」もヒットし、これによりアルゴノート社と3Dゲームというジャンルが広く知られるようになった。 その後にはゲームボーイファミコンで3Dエンジンを開発した技術を評価され、任天堂からスーパーファミコン用の3Dチップの開発を依頼された。Xはワイヤーフレームを使用した擬似3D空間によるゲームボーイ初の3Dタイトルであり、その後スーパーFXチップを利用するスターフォックスを開発した。

1997年にはスーパーマリオ64の派生作品として、ヨッシーが主人公のゲームを開発する予定であったが、任天堂側から断られた為、キャラクターを自社オリジナルのものに置き換えた「クロック!パウパウアイランド」というタイトルでPSセガサターンなどの任天堂以外のハードで発売し、大々的な宣伝効果もあって欧米等を中心にヒットする。 2001年にハリーポッターのライセンスでPS用のアクションゲームを開発し、800万本以上のセールスを出す大ヒットとなった。その後、ディズニー作品等のライセンス物ゲームの開発に集中するが、中々いいタイトルが出ずに株価が下がり始める。 2004年のMaliceを最後に倒産。250人退職。

BRender[編集]

アルゴノートゲームスは、BRender ( Blazing Rendererからの造語)というゲーム開発キット/3DCGグラフィックエンジンの開発・ライセンス提供を行ってきた[1]。 このソフトは、インテルMMXに対応しており、Microsoft WindowsMS-DOSPlayStation 向けのゲームを作ることができる。

主な作品[編集]

開発[編集]

脚注[編集]

  1. ^ BRender Web page”. Argonaut Software. 1996年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月22日閲覧。