アルコ センチュリー855形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルコ センチュリー855
基本情報
動力方式 電気式ディーゼル
製造所 アルコ
製造日 1964年6月
総製造数 Aユニット2両・Bユニット1両
主要諸元
軸配置(アメリカ式) B+B-B+B
軌間 1,435 mm
全長 86フィート(26.213m)
総重量 551,400ポンド(250.11トン)
燃料容量 6,000米(液量)ガロン(5,000リットル)
主動力 Alco 251C型 2基(175.05 l)
エンジン形式 ディーゼルエンジン
気筒 V型12気筒
出力 5,500馬力(4,100kw)
1基あたり2,750馬力(2,050kw)
引張力 137,000ポンド (62,142 kg)
経歴

アルコ センチュリー855(C855)は、1964年6月にアルコ(Alco)が製造した8動軸の電気式ディーゼル機関車である。ディーゼルエンジン発電機のセットを2組搭載し、出力は5,500馬力(4,100kW)に達した。車軸配置は、2軸台車を前後に2組ずつ配置したB+B-B+Bである。

解説[編集]

本形式は、ユニオン・パシフィック鉄道(UP)がガスタービン機関車を置き換えるために各社に製造させた、エンジンを2基搭載した大馬力機関車のひとつである。設計のコンセプトは、センチュリー・シリーズであり、アルコの251C型エンジン交流発電機整流器との組み合わせを2組搭載した。同時期に製造されたゼネラル・エレクトリックU50GM-EMDDD35に比べ、出力において500馬力優位にあった。

車体前後に2つずつある2軸台車は、それぞれ2つを1組として台車中心部がスパン・ボルスターと呼ばれる梁で連結されており、そのスパン・ボルスターの中心部が車体と接続することで、擬似的なボギー構造となっていた。

台枠は魚腹型であり、魚腹部分が燃料タンクとなっている。ランボード外側に、台車に向かって垂れ下がって装架されている箱は、砂箱である。通常はフード内に置かれるが、本形式ではフード内にスペースがなかったために押し出された格好になっている。

製造されたのは、運転台のあるAユニットが2両、運転台のないBユニットが1両の計3両のみで、他社の機関車のように量産されることはなかった。1972年2月に解体された。

参考文献[編集]

  • Marre, Louis A. (1995). Diesel Locomotives: The First 50 Years. Kalmbach. ISBN 0890242585

関連項目[編集]