アルコRSD-5形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルコ RSD-5形ディーゼル機関車は、車軸配置C-Cの、アメリカン・ロコモティブ(アルコ、当時通称、1953年から正式名称)製の電気式ディーゼル機関車である。

解説[編集]

本形式は、RSD-4形の改良版である。その内容は、発電機容量をPA形(1エンジン、2,000馬力)と同じものへと変更したというもの。

RSD-4形は、車軸配置A1A-A1AのRSC-3形をC-Cとしたもので、その目的は動軸数が4軸から6軸へと増えたことによる低速での牽引力の増加と、軸重の低減である。

納品先によりいくつかのタイプがあり、通常はロング・フード(いわゆるボンネットの長い側)向きに運転席を設置するところ、アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道(ATSF)ではショート・フード側を前としたり、シカゴ・アンド・ノース・ウェスタン鉄道(CNW)ではダイナミック・ブレーキを装備するためにショート・フードの屋根が運転台と同じ高さのハイ・フード型になったものがある。

合計204両が製造されたうち、167両がアメリカ合衆国内で、37両がメキシコ合衆国で使用された。

保存車両[編集]

2006年時点で2両が残っており、ゲーリー・バローン(Gary Balone)が所有していた1689号はクヤホガ・バレー観光鉄道で使用されている。また、かつてユタ鉄道の306号だったもう1両は、ドイル・マコーミック(Doyle McCormack)によりカリフォルニア州で保存されている。

新製時の所有者[編集]

鉄道 両数 ロードナンバー 備考
アメリカン・ロコモティブ (デモ車)
1
1606
のちATSF 2157号
アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道(ATSF)
52
2110-2156, 2158-2162
バーミンガム・サザン鉄道(BS)
1
160
チェサピーク・アンド・オハイオ鉄道(C&O)
26
5570-5595
シカゴ・アンド・ノース・ウェスタン鉄道(CNW)
10
1665-1667, 1684-1690
セントラル・レールロード・オブ・ニュージャージー(CNJ)
1
1615
シカゴ・ミルウォーキー・セント・ポール・アンド・パシフィック鉄道 (MILW、ミルウォーキー鉄道)
6
2150-2155
のち570-575
ペンシルバニア鉄道(PRR)
6
8446-8451
セント・ルイス・サウスウェスタン鉄道 (SSW)
3
270-272
サザン・パシフィック鉄道(SP)
36
5294-5307, 5336-5339, 5445-5448, 5494-5507
サザン・パシフィック鉄道(テキサス・アンド・ニュー・オーリンズ鉄道)
24
155-176, 185-186
ユタ鉄道
1
306
フェロカリル・デル・パシフィコ(Ferrocarril del Pac断ico)
35
801-835
メキシコ国鉄(FNM)
2
6900-6901
合計 204

参考文献[編集]

  • Pinkepank, Jerry A. (1973). The Second Diesel Spotterユs Guide. Milwaukee, Wisconsin: Kalmbach Publishing Company. pp. p.247. ISBN 0-89024-026-4. 

主要諸元[編集]

  • 製造年月:1952年3月 - 1956年3月
  • 製造両数:204両
  • 軸配置:C-C
  • 機関:ALCO244型 V型12気筒4ストロークディーゼルエンジン(131.288cc)
  • 機関搭載数:1基
  • 最大出力:1,600馬力(1,200kw)/1000rpm

関連項目[編集]