アルコRSC-1形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルコRSC-1形ディーゼル機関車は、車軸配置A1A-A1Aの、電気式ディーゼル機関車である。RS-1形の軸重を軽減した輸出用モデルで、4両が1946年に製造されてブラジルに輸出された。

車体はアメリカン・ロコモティブ(アルコ、当時通称、のちに正式名称)、電装品はゼネラル・エレクトリック(GE)が担当した。

新製時の所有者[編集]

鉄道名 両数 ロードナンバー 備考
サン・パウロ鉄道
4
500-503 Estrada de Ferro Santos a Jundiaへ譲渡

主要諸元[編集]

  • 製造年月:1946年9月
  • 製造両数:4両
  • 軸配置:A1A-A1A
  • 機関:ALCO539T型 直列6気筒4ストロークディーゼルエンジン(156.778cc)
  • 機関搭載数:1基
  • 発電機:GE GT553C
  • 直流駆動用モーター」GE731
  • 最大出力:1,000馬力(750kw)/740rpm
  • 粘着牽引力:51,000重量ポンド(230kN)
  • 車体長:55フィート5インチ(16.89m)
  • 車体幅:9フィート11インチ(3.02m)
  • 車高:14フィート4インチ(4.37m)
  • 重量:20万4,000ポンド (92.5t)
  • 燃料タンク容量:800ガロン(3,000l)
  • 最高速度:65mph(105km/h)

関連項目[編集]