アルコRS-27形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルコRS-27
07 17 09 143xRP - Flickr - drewj1946.jpg
ミネソタ・コマーシャル鉄道のRS-27
動力方式 電気式ディーゼル
製造所 アルコ
製造日 1959年12月 - 1962年10月
総製造数 27両
軸配置(アメリカ式) B-B
軌間 1,435 mm
全長 57フィート21/2インチ (17.44 m)
全幅 9フィート111/8インチ (3.03 m)
全高 14フィート6インチ (4.42 m)
主動力 ALCO 251B型 1基
エンジン回転数 1000 rpm
エンジン形式 4ストロークディーゼルエンジン
気筒 V形16気筒 (175,051 cc)
出力 2,400馬力 (1,800 kW)

アルコRS-27は、アルコが生産した車軸配置B-B、ロード・スイッチャータイプの電気式ディーゼル機関車である。1959年12月から1962年10月にかけて27両が製造された。センチュリー・シリーズへの過渡的なモデルである。

解説[編集]

本形式は、アルコの4動軸ロード・スイッチャーシリーズの出力増大版である。本形式が製造されるまでは、出力2,400馬力(1,800kW)のディーゼル機関車は6動軸(車軸配置C-C)のRSD-15のみであった。出力の増大は、従来はV型12気筒で使用していた251型ディーゼルエンジンを16気筒に組み合わせることにより実現した。

本形式を改良し、ディーゼル機関車の第二世代ともいうべきセンチュリー・シリーズとしたのが、4動軸・2,400馬力のC-424である。RS-27の設計記号がDL-640であるのに対してC-424がDL-640Aであり、またメーカーのカタログにおいてRS-27にとってかわったのがC-424であることから、その関係は明らかである。

RSシリーズのなかでも特徴的なのは外見で、エンジンが車体前後方向(クランク軸方向)に拡大したために運転台が車端に寄り、ショート・フードが非常に短く、かつ高さの低いものとなった。

新製時の所有者[編集]

鉄道 両数 ロードナンバー 備考
アルコ (デモ車)
5
640-1 - 640-5 4両がユニオン・パシフィック鉄道(UP)675-678へ、
1両がC424に改造されてペンシルバニア鉄道(PRR)へ
シカゴ・アンド・ノース・ウェスタン鉄道(CNW)
4
900-903 3両がグリーン・ベイ・アンド・ウェスタン鉄道(GBW)316-318へ、1両がピーボディ炭坑(Peabody Coal)へ
グリーン・ベイ・アンド・ウェスタン鉄道(GBW)
1
310
ペンシルバニア鉄道(PRR)
15
2400-2414 ペン・セントラル鉄道(PC)とコンレール(CR)へ。ロードナンバーは不変
スー・ライン鉄道(SOO)
2
415-416
合計 27

参考文献[編集]

関連項目[編集]