アルコRS-2形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルコRS-2
Santa Fe loco.jpg
基本情報
動力方式 電気式ディーゼル
製造所 アメリカン・ロコモティブ
モントリオール・ロコモティブ・ワークス
製造日 1946年10月 - 1950年2月
総製造数 383両
主要諸元
軸配置(アメリカ式) B-B
軌間 1,435 mm
全長 56フィート53/4インチ (17 m)
全幅 10フィート (3.05 m)
全高 14フィート5インチ (4.39 m)
総重量 24万7,000ポンド (112.3 t)
燃料容量 1,000USガロン (3,800 l)
主動力 ALCO 244型 1基
エンジン回転数 1000 rpm
エンジン形式 4ストロークディーゼルエンジン
気筒 V型12気筒 (131.288 cc)
動力伝達方式 直流発電機・直流駆動用モーター
最高速度 65 mph (105 km/h)
出力 1,500馬力 (1,100 kW) - 1,600馬力 (1,200 kW)
引張力 40,425重量ポンド (179.82 kN)
経歴

アルコRS-2は、車軸配置B-Bの、ロード・スイッチャータイプの電気式ディーゼル機関車である。製造期間は1946年10月から1950年2月にかけて、アメリカン・ロコモティブ(アルコ)で366両、カナダの子会社であるモントリオール・ロコモティブ・ワークス(MLW)で17両の計383両が製造された。

解説[編集]

本形式は、GM-EMDフェアバンクス・モースボールドウィン・ロコモティブ・ワークスに対抗して製造された。1947年、フェアバンクス・モースは1,500馬力のH-15-44を、また同年、ボールドウィンはやはり1,500馬力(1,125kW)のDRS-4-4-1500をリリースしていた。

搭載するエンジンはアルコの244型で、出力は1,500馬力(1,100kW)である。1950年2月以降にアルコで製造された31両は、1,600馬力(1,200kW)に出力増強された。

やがて、アルコ、フェアバンクス・モース、ボールドウィンの各社もこれらの1,500馬力の機関車を1,600馬力に増強したものに発展させた。GM-EMDのみは、1,500馬力のGP7を発展させた1,700馬力(1,300kW)のGP91954年に完成させた。GP7の製造両数が2,729両に及んだのに対し、アルコの製造両数はRS-2が383両、RS-3が1,370両であった。フェアバンクス・モースのH-15-44は30両、ボールドウィンのDRS-4-4-1500は32両、その発展形のAS-16は127両の製造に終わった。

現在の状況[編集]

リオ・ティントグループのケネコット・カッパー・コーポレーション(KCC)にて使用されていた908号(以前は104号)など、3両がカリフォルニア州ポートラにあるウェスタン・パシフィック鉄道博物館に保存されている。

参考文献[編集]

  • Pinkepank, Jerry A. (1973). The Second Diesel Spotter's Guide. Kalmbach Publishing Co., Milwaukee, WI. pp. pp.243ミ244. ISBN 0-89024-026-4. 
  • Solomon, Brian (2000). The American diesel locomotive. MCI Publishing Company. ISBN 0-7603-0666-4. 

関連項目[編集]