アルコール幻覚症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルコール幻覚症
分類及び外部参照情報
ICD-10 F10.5
ICD-9 291.3
DiseasesDB 3543
eMedicine article/289848
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

アルコール幻覚症(Alcoholic hallucinosis)は、アルコール依存症におけるアルコール離脱症候群英語: Alcohol withdrawal syndrome)の合併症のひとつである[1][2]アルコール誘発性精神病(alcohol-related psychosis)とも。断酒から約12時間から24時間後に生じ、多くの場合、非難や脅迫的な声のような聴覚視覚を伴う。この症状は振戦せん妄とは明確に異なり、他の身体症状はなく、一定限度の一連の幻覚を伴い急速に生じ消散する[3]

アルコール幻覚症が表面化する危険性は、長期間の大量のアルコール乱用とほかの薬物の使用により増加する[4]

症状が記述された年代は、少なくとも1907年である[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Glass IB (January 1989). “Alcoholic hallucinosis: a psychiatric enigma--1. The development of an idea”. Br J Addict 84 (1): 29–41. doi:10.1111/j.1360-0443.1989.tb00549.x. PMID 2644996. 
  2. ^ Bayard M, McIntyre J, Hill KR, Woodside J (March 2004). “Alcohol withdrawal syndrome”. Am Fam Physician 69 (6): 1443–50. PMID 15053409. http://www.aafp.org/afp/20040315/1443.html. 
  3. ^ Alcohol Merck Manual, February 2003.
  4. ^ Tsuang JW, Irwin MR, Smith TL, Schuckit MA (January 1994). “Characteristics of men with alcoholic hallucinosis”. Addiction 89 (1): 73–8. doi:10.1111/j.1360-0443.1994.tb00851.x. PMID 7755673. 
  5. ^ Emil Kraepelin; Allen Ross Diefendorf (1907). Clinical psychiatry; a text-book for students and physicians. Macmillan. pp. 189–. http://books.google.com/books?id=mTMw8RHsKzcC&pg=PA189 2010年11月5日閲覧。.