アルコル橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルコル橋(仏 : Pont d'Arcole)は、フランスパリセーヌ川に架かる橋である。

アルコル橋
アルコル橋
所在地 フランス
パリ
セーヌ川
長さ 80m
最大支間長 80m
建築家
技術者
アルフォンス・ウドゥリ
ニコラ・カディア
形式 アーチ橋
素材 錬鉄
建設 1854-1856年
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

開通当初の2年間はグレーヴ歩行者橋と呼ばれていた。現在のアルコル橋という名前の由来は、ナポレオン・ボナパルトがオーストリア軍を破ったアルコレの戦いであるという説と、フランス7月革命でここに倒れた若き共和主義者の名前であるという説がある。

1828年、マーク・セギュンによって歩行者用の2径間吊り橋がシテ島と右岸のグレーヴ広場(現在はオテル・ド・ヴィル広場)の間に架けられた。幅は6mだった。1854年に車両も通ることのできるような鉄の橋に架けかえられた。この橋が画期的だったのはセーヌ川に架かる橋のうち初めて川の中に橋脚を持たない橋であり、また初めて鋳鉄ではなく錬鉄を使用したことだった。しかし1888年2月16日、突然20cmほどのたわみが生じたので補強工事が必要になった。1994年から1995年の間に橋床の補修、防水性の強化、塗装のやり直しが一度に行われた。

また、アルコル橋は第二次世界大戦において、ルクレール将軍の部隊がパリを解放したときに最初の戦車が通った橋である。

交通[編集]

隣の橋[編集]

(上流)マリー橋トゥルネル橋ルイ・フィリップ橋サン=ルイ橋アルコル橋ノートルダム橋シャンジュ橋(下流)