アルグス As 411

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
現存するアルグス As 411

アルグス As 411Argus As 411)は、第二次世界大戦中にドイツで開発された航空機用の倒立V型12気筒の空冷エンジンである[1]

設計と開発[編集]

As 411はアルグス As 410を高出力化した改良型であった。多くのAs 411の生産は占領下パリルノー社で行われ、これらのエンジンはジーベル Si 204と戦後のダッソー MD 315に使用された。このエンジンは600 PS (592 hp, 441 kW) at 3,300 rpmの出力を発生した。

第二次世界大戦後にルノー社は「ルノー 12S」の名称でこのエンジンの生産を続けた。

搭載機[編集]

要目[編集]

(As 411)

  • タイプ:空冷 60度倒立V型エンジン 12気筒
  • ボア×ストローク:105 mm × 115 mm
  • 排気量:12 L
  • 全長:
  • 直径:
  • 乾燥重量:375 kg
  • 圧縮比:6.4 : 1
  • 動弁機構:
  • 燃料供給方式:
  • 馬力:600 PS (592 hp, 441 kW) at 3,300 rpm
  • 重量馬力比:0.8 kg/PS

関連項目[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gunston 1989, p.16.

参考文献[編集]

  • Gunston, Bill. World Encyclopedia of Aero Engines. Cambridge, England. Patrick Stephens Limited, 1989. ISBN 1-85260-163-9
  • Jane's Fighting Aircraft of World War II. London. Studio Editions Ltd, 1989. ISBN 0-517-67964-7

外部リンク[編集]