アルギマンタス・サカラウスカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルギマンタス・サカラウスカス (Algimantas Sakalauskas、1958年9月22日 - )は、リトアニアヴィルカヴィシュキス出身の彫刻家である。

 木彫りによる数多くの彫像家具十字架などを製作し、作品は世界中に存在している。主な作品は野外にある1.5m~13.5mの木彫りのポールである。 最初の個展は1986年に開かれ、それ以降様々な作品を展示したり、国際木彫りキャンパスに参加したりする事となる。1999年には井波国際木彫りキャンパスに参加した。

 現在は、プリエネイ(Prienai)の町を拠点に活動している。また、Meninė drožyba (メニネ・デゥロジーバ)という非営利団体の社長を務めてもいる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]