アルキメンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルキメンデス大塚食品1985年に発売したカップ麺の名称。

概要[編集]

内容はかた焼きそばに近いもので、他のカップ麺とは違い、お湯が不要で待ち時間がなく、あんをかけるだけで食べられるインスタント麺として、当初は販売地域を首都圏甲信静岡の一部含む)及び近畿圏に限定して売り出された。

しかし、当時200円というの価格の割には味の評判が悪く(レンジで温めると味が良くなるといわれた)、発売から約2年で生産中止になった。

味(具)の種類は発売当初は八宝菜味のみだったが、発売開始より1年後に酢豚味が追加発売された。 名前の由来は「歩きながら食べ(られ)る麺」である事から、古代ギリシア数学者アルキメデス」をもじって名づけられた。

エピソード・関連[編集]

  • CMキャラクターにはアン・ルイスを起用していた。
  • 同年発売されたファミコンテレビゲームソフトグラディウス』とのタイアップがあり、作中に登場する「パワーアップカプセル」をアルキメンデスのパッケージにさしかえたオリジナルバージョン「グラディウス・アルキメンデス編」が景品として作成された。現在では中古ゲーム店やネットオークションなどで極めてまれに目にすることがあるが、法外なプレミアがついており取引価格は数万円~数十万円とかなり高値である。
  • 商品の特質から、どこでも気軽に食べられることをアピールするべくイベント会場等でのPRを精力的に行っていた。つくば万博では夥しい数の屋外売店を出していた。