アルガー・フリン・大山田反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルガー・フリン・大山田反応(アルガー・フリン・おおやまだはんのう、Algar-Flynn-Oyamada reaction)は、酸化的環化によってカルコンからフラボノールを形成する化学反応である[1][2]

The Algar-Flynn-Oyamada reaction

反応機構[編集]

この反応の説明のためいくつかの反応機構が提唱されているが、それらはまだ解明されていない。始めにジヒドロフラボノールが形成し、続く酸化でフラボノールが形成する2段階の反応機構が知られている。

中間体にエポキシドを持つ反応機構は、過酸化水素による二重結合の酸化を経るPrileschajew反応が必要であるため除外される[3]。このことにより、Gormleyらはエポキシドを経由しない反応機構を提唱している[4]

推定される反応機構には次の2種がある。

  • 基質のフェノラートによる求核攻撃を受けた二重結合が過酸化水素を直接攻撃する機構
  • フェノラートの求核攻撃によってエノラートが形成し、これが過酸化水素に直接攻撃する機構
Possible mechanisms

脚注[編集]

  1. ^ Algar, J.; Flynn, J. P.; Proc. Roy. Irish Acad. 1934, 42B, 1.
  2. ^ Oyamada, B.; J. Chem. Soc. Japan 1934, 55, 1256.
  3. ^ T. R. Gormley, W. I. O'Sullivan: Flavanoid epoxides—XIII : Acid and base catalysed reactions of 2′-tosyloxychalcone epoxides. Mechanism of the algar-flynn-oyamada reaction, in: Tetrahedron 1973, 29, 369–373.
  4. ^ T. R. Gormley, et al. Tetrahedron 1973, 29, 369.

関連項目[編集]