アルカンニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルカンニン
識別情報
CAS登録番号 517-88-4 チェック
PubChem 72521
ChemSpider 65430 チェック
KEGG C10292
ChEMBL CHEMBL28457 チェック
特性[1]
化学式 C16H16O5
モル質量 288.29 g/mol
外観 赤茶色のプリズム状結晶
融点

149 °C, 422 K, 300 °F

への溶解度 溶けにくい
危険性
半数致死量 LD50 3.0 g/kg (マウス)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アルカンニン(alkannin)は、フランス南部で自生するルリジサから抽出される天然色素である。食品添加物化粧品に使われる。オーストラリアでは食品用の赤茶色の着色料として使われ[2]欧州ではE番号がE103に指定されているが使用は既に承認されていない[3]

性質[編集]

ナフトキノン誘導体の化学構造がBrockmannによって1936年に決定された[4]。アルカンニンは油脂性環境においては深赤色、アルカリ環境では紫色を発色する。植物は4-ヒドロキシ安息香酸ゲラニルピロリン酸からアルカンニンを生合成している[5]

アルカンニンには抗酸化性[6]と、表皮ブドウ球菌黄色ブドウ球菌に対する抗菌性を有する。このほか、抗ガン剤、抗血栓剤としての効果も知られている[5]

出典[編集]

  1. ^ Merck Index, 11th Edition, 243
  2. ^ Additives, オーストラリア・ニュージーランド食品基準機関
  3. ^ "Current EU approved additives and their E Numbers", Food Standards Agency website, retrieved 15 Dec 2011
  4. ^ H. Brockmann (1936). “Die Konstitution des Alkannins, Shikonins und Alkannans”. Justus Liebigs Ann. Chem. 521: 1–47. doi:10.1002/jlac.19365210102. 
  5. ^ a b Vassilios P. Papageorgiou, Andreana N. Assimopoulou, Elias A. Couladouros, David Hepworth, and K. C. Nicolaou (1999). “The Chemistry and Biology of Alkannin, Shikonin, and Related Naphthazarin Natural Products”. Angew. Chem. Int. Ed. 38 (3): 270–300. doi:10.1002/(SICI)1521-3773(19990201)38:3<270::AID-ANIE270>3.0.CO;2-0. 
  6. ^ A.N. Assimopoulou, D. Boskou, V.P. Papageorgiou (2004). “Antioxidant activities of alkannin, shikonin and Alkanna tinctoria root extracts in oil substrates”. Food Chemistry 87 (3): 433–438. doi:10.1016/j.foodchem.2003.12.017.