アルカメネス (彫刻家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
「柱に寄りかかるアフロディーテ」(ルーブル美術館蔵)。アルカメネス作品のコピーと言われている。

アルカメネス(Alcamenes, Ἀλκαμένης)は、古代ギリシャ彫刻家リムノス島で生まれ、ペイディアスとほぼ同時代の紀元前5世紀ごろにアテネで活躍した。

繊細な技巧が高く評価されており、ルーブル美術館の「柱に寄りかかるアフロディーテ」はその複製とされる[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「アフロディーテ、通称「柱に寄りかかるアフロディーテ」ルーブル美術館作品解説

外部リンク[編集]