アルカディア会談

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルカディア会談(アルカディアかいだん、Arcadia Conference)は、第二次世界大戦中の1941年12月22日から1942年1月14日までイギリス連合王国アメリカ合衆国の政府首脳間で、ワシントンDCにおいて行われた会議である。「アルカディア」は会議のコードネームとして使用された。代表は、ウィンストン・チャーチルフランクリン・ルーズベルトである。

真珠湾攻撃が起きたばかりであるが、アメリカ合衆国は戦争に勝利することを約束し、最初の目標はナチス・ドイツであるとした(ヨーロッパを最初の戦略目標とした)。また、ヨーロッパ作戦戦域において軍事的資源を統一して運用することにも同意した。

それ以外の会議の結果として、連合国共同宣言1942年1月1日に行い、連合国(現在の国際連合)の結成に同意した。

参考文献[編集]

関連項目[編集]