アリーナ・ポゴストキーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アリーナ・ポゴストキーナ (Alina Pogostokina、1983年11月18日 - ) は、ドイツヴァイオリニスト

来歴[編集]

ソビエト連邦レニングラードで、ヴァイオリニストの両親のもと生まれる。4歳から父親の手ほどきでヴァイオリンを始め直ちに頭角を表し、5歳で初めてのコンサートを開催した。1992年には一家でドイツハイデルベルクへと移住。その後、クリストフ・ポッペンのプライヴェート・レッスンを経て、ベルリンハンス・アイスラー音楽大学アンティエ・ヴァイトハースにヴァイオリンを師事。1997年のルートヴィヒ・シュポア国際ヴァイオリン・コンクール第1位、2001年のエリザベート王妃国際音楽コンクール第4位、2002年のインディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクール第6位と数々の有名コンクールで着実に入賞を重ね、2005年にはシベリウス国際ヴァイオリン・コンクールで優勝して一躍注目されるようになった。現在はベルリンを拠点に、シュトゥットガルト放送交響楽団hr交響楽団チェコ・フィルハーモニー管弦楽団インディアナポリス交響楽団オスロ・フィルハーモニー管弦楽団等、世界中のメジャー・オーケストラと共演を重ねている。

日本では2008年7月に読売日本交響楽団(小林研一郎指揮)と、2011年2月にNHK交響楽団(ジョナサン・ノット指揮)と共演している。

使用楽器[編集]

ドイツ音楽生活財団貸与の1709年製ストラディヴァリウス

外部リンク[編集]