アリ・G

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリ・G
Ali G Indahouse The Movie
監督 マーク・マイロッド
脚本 サシャ・バロン・コーエン
ダン・メイザー
製作 ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
ウィリアム・グリーン
ダン・メイザー
製作総指揮 サシャ・バロン・コーエン
ピーター・フィンチャム
ナターシャ・ワートン
出演者 サシャ・バロン・コーエン
音楽 アダム・F
撮影 アシュレイ・ロウ
編集 ポール・ナイト
製作会社 ワーキング・タイトル・フィルムズ
スタジオカナル
WT2プロダクションズ
トークバック・プロダクションズ
配給 ユナイテッド・インターナショナル・ピクチャーズ
公開 イギリスの旗 2002年3月22日
日本の旗 2003年7月12日
上映時間 87分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 £5,000,000
興行収入 $25,936,616[1]
テンプレートを表示

アリ・G』(Ali G Indahouse The Movie)は2002年に製作されたイギリスのコメディ映画。イギリスのテレビ局チャンネル4の番組『Da Ali G Show』に登場するキャラクター、アリ・Gを主人公に映画化された。主演は映画『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』で知られるサシャ・バロン・コーエン。全英興行収入成績初登場1位(2002年3月24日付)。英国アカデミー賞最優秀コメディアン賞受賞。

あらすじ[編集]

ウェストサイド・ステインズの中心人物アリ・Gは、ギャングスタ・ヒップホップばりのスタイルでボーイスカウトを運営している。その活動場所となるレジャー施設の閉鎖計画に懸念し反対運動を起こしたところ、首相の失脚を企む大蔵大臣カールトンの陰謀に利用され、下院議員選挙に立候補し当選を果す。カールトンの意図に反し、アリ・G議員の人気と共に首相の支持率は上昇するが、サミットの際に各国首脳へマリファナ茶をもてなしたことが発覚し失脚する。

キャスト[編集]

サウンドトラック[編集]

  1. "Drive By"
  2. "Stand Clear" Adam F feat M.O.P
  3. "Straight Outta Compton" N.W.A.
  4. "Incredible" M Beat feat General Levy
  5. "Swallow Back"
  6. "Me Julie" アリ・G & シャギー
  7. "Yo!"
  8. "Dynamite" Ms. Dynamite
  9. "Ride wid Us (AC's Dark Dub Edit)" So Solid Crew
  10. "Baddest Ruffest" Backyard Dog
  11. "Oh Yeah" Foxy Brown feat Spragga Benz
  12. "Put It on Me" Ja Rule feat Vita
  13. "This Is How We Do It " Montel Jordan
  14. "Freak Me" Another Level
  15. "Hold Tight"
  16. "E.I." ネリー
  17. "Legalise"
  18. "Shoot to Kill" Oxide & Neutrino
  19. "Fight the Power" パブリック・エナミー
  20. "Planet Rock" アフリカ・バンバータ & ザ・ソウル・ソニックフォース
  21. "Spread de Love"
  22. "Me Julie" (video) アリ・G & シャギー

シングルカットされたアリ・G & シャギーの「Me Julie」は、2002年3月に全英チャート2位(Music Week)を記録している。[2]

その他[編集]

アリ・Gが多用する"Booyakasha" "Keep It Real"等の言葉が、作品のルーチンとなっている。

参考文献・出典[編集]

  1. ^ Ali G Indahouse”. The Numbers. 2011年11月25日閲覧。
  2. ^ [1]Music Week Ali G And Shaggy - Me Julie
  • DVD「アリ・G」解説 2003.ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

外部リンク[編集]