アリ・ブムニジェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリ・ブムニジェル Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Ali Boumnijel
アラビア語 علي بومنيجل
基本情報
国籍 チュニジアの旗 チュニジア
生年月日 1966年4月13日(48歳)
出身地 Menzel Sealih
身長 188cm
体重 80kg
選手情報
ポジション GK
代表歴
1991-2007 チュニジアの旗 チュニジア 51 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アリ・ブムニジェルアラビア語: علي بومنيجل‎, Ali Boumnijel, 1966年4月13日 - )はチュニジアの元サッカー選手。ポジションはゴールキーパー2006年ワールドカップドイツ大会における最年長選手であり、唯一の40歳代の選手であった。

プロフィール[編集]

現在でこそチュニジア代表の正ゴールキーパーとして活躍しているブムニジェルだが、長年控えのゴールキーパーであったため、代表デビューした1991年以降、出場機会に恵まれなかった。ワールドカップ1998年大会にはメンバー入りはしたものの出場機会が無く、2002年大会も当初は控えだったものの、大会直前に正GKであったショクリ・エル・ウアエルが現役を引退し、急遽正GKとして6月5日ロシア戦(神戸ウイングスタジアム、0対2の敗戦)、6月10日ベルギー戦(大分スポーツ公園総合競技場、1対1の引き分け)、6月14日日本戦(長居公園陸上競技場、0対2の敗戦)に出場した。2002年ワールドカップ以降、チュニジアの正GKとして活躍。2004年アフリカネーションズカップの優勝メンバーのひとり。

2006年6月14日ワールドカップドイツ大会でのサウジアラビア戦(アリアンツ・アレナ、2対2の引き分け)で40歳62日でフル出場し、ワールドカップ史上5番目の高齢でプレーした選手となった。ちなみにワールドカップ史上最年長出場選手は1994年大会でのカメルーンフォワード選手ロジェ・ミラで、42歳39日。

所属クラブ[編集]