アリ・イブン・リドワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アリー・イブン・リドワーンアラビア語 ابو الحسن علي بن رضوان بن علي بن جعفر المصري Abū'l-Hasan ‘Alī b. Ridwān b. ‘Alī Ja‘far al-Misrī、998年頃 - 1061年頃)は、ファーティマ朝時代にエジプトで活躍した医者占星術師天文学者カイロ対岸のギザに生まれた。ラテン語文献では Haly Abenrudian、 Radohan Aegyptius などとして表れる。

Ali ibn Ridwan

人物[編集]

古代ギリシアの医学、特にガレノスの著書『アルス・パルヴァ』(Ars Parva)の注釈を著し、これは後にクレモナのジェラルドによってラテン語に翻訳された。1006年に超新星SN 1006を観測し、プトレマイオスの占星術の著書『四つの書』(Tetrabiblos)の注釈書に記録を残した。ヨーロッパではHalyまたは Haly Abenrudianの名前で知られた。

外部リンク[編集]