アリュートル語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリュートル語
nəməlʔu
話される国 ロシアの旗 ロシア
地域 コリャーク管区カムチャツカ半島北部)
話者数 100-200[1]
言語系統
チュクチ・カムチャツカ語族
  • 北部諸語
    • コリャーク・アリュートル諸語
      • アリュートル語
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 alr
消滅危険度評価
重大な危険 (UNESCO)
Status-unesco-severely.svg
テンプレートを表示

アリュートル語カムチャツカ半島北部のコリャーク管区に住むアリュートル人英語版が話す古シベリア諸語の一つ。チュクチ語コリャーク語およびイテリメン語と共にチュクチ・カムチャツカ語族を形成する(ただし最後のイテリメン語については別系統であるとの論議もある)。

2000年にアリュートル人が独立した民族としてロシア政府により認められる以前は、コリャーク語の一方言とされてきた。[1]

正書法はまだない。

複統合的な言語であり、動詞が多数の形態素から形成され、に相当するような意味を表現しうる。また、抱合的でもあり、他動詞目的語を抱合し、新たな語幹を形成する。

他動詞の目的語と自動詞主語が共通の(絶対格)で示され、他動詞の主語が能格[要曖昧さ回避]で示される(能格言語と呼ぶ)。

数詞[編集]

ənnan 1
ŋitaq 2
ŋəruqqə 3
ŋəraqqə 4
məlləŋin 5
ənnanməlləŋ(in) 6 (1+5)
ŋitaqməlləŋ(in) 7 (2+5)
ŋəruqməlləŋ(in) 8 (3+5)
ŋəraqməlləŋ(in) 9 (4+5)
mənɣətkin 10
mənɣətək ənnan 11
qəlikkə 20
qəlikək ənnan 21
ŋəraqmənɣətkin 40 (4×10)
ŋəraqmənɣətkin ŋəraqqə 44
ŋitaqməlləŋin mənɣətkin 70 (7×10)
mənɣətək mənɣətkin 100 (10×10)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『ニューエクスプレス・スペシャル 日本語の隣人たちⅡ』(白水社・2013年1月)ISBN 9784560086162