アリスティード・デュプティ=トゥアール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリスティード・オーベール・デュプティ=トゥアール
Aristide Aubert Du Petit Thouars
1760年8月31日 - 1798年8月2日(37歳)
DupetitThouarsAristide.jpg
生誕 フランス、ブーメー
死没 エジプトアブキール湾(軍艦トナン艦上)
軍歴 1778年 - 1798年
最終階級 艦長(Chef de division)
テンプレートを表示
ナイルの海戦における軍艦トナンとデュプティ=トゥアールの死

アリスティード・オーベール・デュプティ=トゥアール(Aristide Aubert Du Petit Thouars(Dupetit-Thouarsとも表記する)、1760年8月31日 - 1798年8月2日)はフランス海軍士官。ナイルの海戦の英雄であり、そこで死んだ。

経歴[編集]

1760年8月31日にソミュール近郊のブーメーの城で生まれた。幼年学校(Prytanée National Militaire)で学んだ後、1778年にフランス海軍に入隊した。その年にウェサン島の海戦に参加し、1780年にはセネガルサンルイ攻略に加わった。

その後、アンティル諸島で、イギリスのロドニーと対抗したド・グッシェン伯の指揮の下、80門艦クーローヌに勤務し、1782年のセインツの海戦に参加した。

1792年に海尉(Lieutenant de Vaisseau)に昇進すると、その年は12門ブリッグ「ディリジャン」でジャン=フランソワ・ド・ラ・ペルーズの捜索に費やした。ポルトガルによってブラジルに収監されたが、1793年に解放された。その後、アメリカ合衆国で3年を過ごした。

フランスに戻ると再び海軍に呼び戻されて(それまで彼は貴族として収入の道を断たれていた)艦長に昇進し、1798年8月2日戦列艦トナンを指揮してナイルの海戦で戦死した。海戦ではイギリス艦マジェスティックと戦い、相手にウェストコット艦長を含む50名の戦死者と143名の負傷者という損害を与えた[1][2]。デュプティ=トゥアールは両脚と片方の腕を失ったが、小麦の入った桶の中から死ぬまで命令を出し続けた。

彼の最後の命令として伝えられているのは、トナンの旗をそのミズンマストに釘づけにし、決して船を渡すな、というものだった。しかし結局トナンはイギリスに捕獲された。

係累[編集]

顕彰[編集]

  • フランス海軍は歴代6隻の軍艦に「デュプティ=トゥアール」と命名している。
  • アメリカ合衆国ペンシルベニア州のデュショア(Dushore)自治区は彼の名から命名された。同地区は初めデュトゥアールズ(DuThouars)と呼ばれていた。

脚注[編集]

  1. ^ The Line Upon A Wind, Noel Mostert Pg. 274
  2. ^ トナンはベレロフォンと舷側砲火を交わしたが、ベレロフォンはついにトナンを降伏させることはできなかった。Mostert, Pg. 269 as well as Billy Ruffian, David Cordingly Pg. 149

外部リンク[編集]