アリシューザ (軽巡洋艦・初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Arethusa (1913).jpg
艦歴
発注
起工 1912年10月28日
進水 1913年10月25日
就役 1914年8月
退役
その後 1916年2月11日に損傷、放棄
除籍
性能諸元
排水量 3,500トン
全長 436 ft (133 m)
全幅 39 ft (12 m)
吃水 13.5 ft (4.1 m)
機関 パーソンズ式タービン
ヤーロー缶8基、40,000 hp
最大速 28.5ノット (53 km/h)
乗員 318名
兵装 6インチ砲3門
4インチ砲4門
3インチ砲2門
21インチ魚雷発射管8門

アリシューザ (HMS Arethusa) は1913年進水のイギリス海軍軽巡洋艦アリシューザ級

艦歴[編集]

1912年10月28日起工。1913年10月25日進水。1914年8月就役。

第一次世界大戦ではヘルゴラント・バイト海戦(1914年8月28日)、クックスハーフェン空襲(1914年12月25日)、ドッガー・バンク海戦(1915年1月24日)に参加しており、ヘルゴラント・バイト海戦では大きな損害を受けた。

1916年2月11日、アリシューザはフェリックスストウ沖で触雷し、沿岸に漂着後放棄された。この触雷により10人が死亡した。機雷はドイツの潜水艦UC7によって敷設されたものであった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]