アリザ・マククラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリザ・マククラ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Ariza Makukula
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国
生年月日 1981年3月4日(33歳)
出身地 ザイールの旗 キンシャサ
身長 192cm
体重 85kg
選手情報
在籍チーム ポルトガルの旗 ヴィトリア・セトゥーバル
ポジション CF
背番号 99
利き足 右足
ユース
1990-1993 ポルトガルの旗 ヴィトリア・セトゥーバル
1993-1994 ポルトガルの旗 シャヴェス
1994-2000 ポルトガルの旗 ヴィトリア・ギマランイス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000 スペインの旗 サラマンカ 2 (0)
2001 スペインの旗 レガネス (loan) 13 (4)
2001-2002 スペインの旗 サラマンカ 38 (20)
2002-2004 フランスの旗 ナント 18 (1)
2003-2004 スペインの旗 レアル・バリャドリード (loan) 18 (8)
2004-2008 スペインの旗 セビージャ 13 (1)
2006-2007 スペインの旗 ジムナスティック・タラゴナ (loan) 12 (1)
2007-2008 ポルトガルの旗 マリティモ (loan) 13 (7)
2008-2010 ポルトガルの旗 ベンフィカ 3 (0)
2009 イングランドの旗 ボルトン・ワンダラーズ (loan) 6 (0)
2009-2010 トルコの旗 カイセリスポル (loan) 29 (21)
2010-2012 トルコの旗 マニサスポル 39 (5)
2012-2013 トルコの旗 カルシュヤカSK 10 (3)
2013- ポルトガルの旗 ヴィトリア・セトゥーバル 10 (2)
代表歴
2001-2002 ポルトガルの旗 ポルトガル U-21 14 (3)
2007-2008 ポルトガルの旗 ポルトガル 4 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年7月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アリザ・マククラAriza Makukula, 1981年3月4日 - )は、ザイール(現コンゴ民主共和国)・キンシャサ出身のポルトガル代表サッカー選手スーペル・リーガヴィトリア・セトゥーバル所属。ポジションはCF

父親は元サッカー選手でザイール代表の経験を持つKuyangana Makukula[1]

経歴[編集]

クラブ[編集]

ヴィトリア・ギマランイスを含む4クラブでポルトガルの地で7年に渡りプレーしたコンゴ人サッカー選手の父とポルトガル人の母の下[2]キンシャサに生まれたマククラは、スペイン2部UDサラマンカでプロキャリアを開始した。CDレガネスへの期限付き移籍を経て、2001-02シーズンにサラマンカへ復帰すると20得点を挙げる活躍を見せた。

2001年夏にフランス1部FCナントと契約するも、定位置を掴めずトップチームとリザーブの行き来を繰り返していた。その後、降格に苦しむスペイン1部レアル・バリャドリードへ貸し出され、加入1季目に18試合8得点を挙げたが、降格を防ぐことは出来ずに終わった。

その後、移籍金400万ユーロで同国1部のセビージャFCと契約[3]し、1季目は軟骨の手術で約1ヶ月離脱していた[4]影響があったものの控えめながら出場機会を得ていたが、2季目ルイス・ファビアーノ, フレデリック・カヌーテ, ハビエル・サビオラの加入や右膝に重傷を負い半年離脱していた[3]ことが重なったこともあり出番が訪れなかった。そのため、ジムナスティック・タラゴナ[5], CSマリティモと2度貸し出された。

母国に戻ったマククラは、1部の舞台で13試合7得点と活躍していたところ、シーズン中の2008年1月下旬に移籍金350万ユーロで同リーグの強豪SLベンフィカに引き抜かれ4年半の契約を締結[6]し、同年2月14日にUEFAカップ 2007-081.FCニュルンベルクとの第1戦(ホーム1-0勝利)で決勝点を挙げた[7]。翌2008-09シーズンの前半戦で出場が0に終わったことで、2009年1月16日にボルトン・ワンダラーズFCに期限付き移籍(夏に移籍金450万ユーロでの買取りオプション付)で加入[8]し、それから数日後のマンチェスター・ユナイテッドFC戦(ホーム0-1敗北)で64分から移籍後初出場を飾った[9]

2009年8月11日にトルコ1部カイセリスポルへ1年の期限付き移籍が決定[10]。チームとしては上位に顔を出すことなく8位でシーズンを終えたが、個人としては得点王のタイトルを獲得する成功を収めた。2010年夏の移籍市場では、締め切り残り数分に移籍金200万ユーロで同リーグのマニサスポルと3年契約を締結[11]。2012年夏に同国2部カルシュヤカSK英語版と契約[12]

2013年1月にカルシュヤカから放出後は、約5年ぶりに母国へ復帰しヴィトリア・セトゥーバルと契約した。

代表[編集]

U-21ポルトガル代表としてUEFA U-21欧州選手権2002に参加。

ポルトガルの年代別代表としての出場歴があったたものの、A代表としてはコンゴ民主共和国代表を希望していた。しかし、21歳の誕生日を迎えるまでの間に変更を申請するとのFIFA規約(2009年6月に同規約は撤廃)により、2005年当時23歳だったマククラはコンゴ民主共和国代表での出場は叶わなかった[13]

マリティモで安定したパフォーマンスを披露していたところ、ヌーノ・ゴメスの負傷により急遽ポルトガルA代表に初招集され、2007年10月17日のUEFA EURO 2008予選カザフスタン戦(アウェイ2-1勝利)で初出場を飾り、84分に代表初得点を記録した[14]2010 FIFAワールドカップの23人メンバー入りは叶わず、24人の暫定メンバーにも名を連ねなかった[15]が、バックアップメンバーの6人には選出された[16]

タイトル[編集]

個人

脚注[編集]

外部リンク[編集]