アリエル・ピンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリエル・ピンク
Ariel Pink
}
基本情報
出生名 アリエル・マーカス・ ローゼンバーグ
Ariel Marcus Rosenberg
別名 アリエル・ピンクス・ホーンテッド・グラフィティ
Ariel Pink's Haunted Graffiti
出生 1978年6月24日(36歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カルフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル インディー・ロック
サイケデリック・ポップ
Lo-Fi
ノイズ
フリー・フォーク
エクスペリメンタル・ロック
職業 シンガーソングライター
マルチ・インストゥルメンタリスト
担当楽器 ボーカルギターベースキーボードパーカッション
活動期間 1996年 – 現在
レーベル Paw Tracks, Human Ear Music, UUAR, Manimal Vinyl, 4AD, Ballbearings Piñatas, JesusWarhol, Tiny Creatures
共同作業者 John Maus, R. Stevie Moore, coL, Lilys, Holy Shit, Girls, Puro Instinct,
公式サイト www.arielpink.com

{{{Influences}}}

アリエル・ピンクAriel Pink1978年6月24日 - )は、アメリカロサンゼルスの男性ミュージシャンアリエル・ピンクス・ホーンテッド・グラフィティAriel Pink's Haunted Graffiti)名義でも活動している。

来歴[編集]

1978年6月24日アメリカカルフォルニア州ロサンゼルスで生まれる。10才頃から曲を書き始め、1996年から500曲余りをカセット・テープにレコーディングしていた[1]2003年夏、アリエル・ピンクはニューヨークで活動しているアニマル・コレクティヴにCD-Rを渡した[2]。翌2004年、アニマル・コレクティヴは自身のレーベルPaw Tracksを設立しアリエル・ピンクと契約、10月にアルバム『The Doldrums』をリリースした[3]。その後、今まで自主製作していた作品のリリースを続け、じわりじわりと世界中の音楽メディアやインディー・ファンから注目を集めるようになる[4][5]。デビューから一貫して自宅録音作品しか発表していなかったが、チルウェーヴの父と呼ばれるほど、次世代DIYミュージシャンたちに影響を与えていた[4]

2009年、アリエル・ピンクはイギリスの名門インディーレーベル4ADと契約した。翌2010年、アリエル・ピンクス・ホーンテッド・グラフィティ(Ariel Pink's Haunted Graffiti)名義でアルバム『Before Today』をリリース。アリエル・ピンク初のスタジオ・アルバムとして早くから注目を集め、音楽メディアから絶賛を浴びた[4]。メディアが発表する年間ベスト・アルバムのリストでは、Pitchforkで9位[6]Stereogumで20位[7]NMEで23位に選ばれた[8]。また、収録曲「Round and Round」はPitchforkで年間ベストソング1位に選ばれている[9]

2012年8月、アリエル・ピンクス・ホーンテッド・グラフィティとしての2ndアルバム『Mature Themes』を4ADからリリース。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム

脚注[編集]

  1. ^ Identity Theory interview.”. 2012年6月24日閲覧。
  2. ^ Junkmedia interview.”. 2012年6月24日閲覧。
  3. ^ Paw Tracks artist information.”. 2012年6月24日閲覧。
  4. ^ a b c Barks, Ariel Pink's Haunted Graffiti.”. 2012年6月24日閲覧。
  5. ^ Nero Magazine NERO n.05 May/June 2005”. 2012年6月24日閲覧。
  6. ^ Staff Lists: The Top 50 Albums of 2010”. 2012年6月24日閲覧。
  7. ^ Stereogum’s Top 50 Albums Of 2010 - Stereogum”. 2012年6月24日閲覧。
  8. ^ NME Best 50 Albums of the 2010.”. 2012年6月24日閲覧。
  9. ^ Staff Lists: The Top 100 Tracks of 2010.”. 2012年6月24日閲覧。

外部リンク[編集]