アリエル・オルテガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリエル・オルテガ Football pictogram.svg
名前
本名 アリエル・アルナルド・オルテガ
愛称 El Burrito(小さいロバ)
ラテン文字 Ariel Arnaldo ORTEGA
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 1974年3月4日(40歳)
出身地 アルゼンチンの旗 フフイ州レデスマ
身長 170cm
体重 67kg
選手情報
在籍チーム アルゼンチンの旗 ディフェンソーレ・デ・ベルグラーノ
ポジション MF(OH)、FW
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1996
1996-1998
1998-1999
1999-2000
2000-2002
2002-2003
2004-2006
2006-
2008-2009
2011
2011-
リーベル・プレート
バレンシアCF
UCサンプドリア
ACパルマ
リーベル・プレート
フェネルバフチェSK
ニューウェルスOB
リーベル・プレート
→Ind. リバダビア (loan)
→オールボーイズ(loan)
ディフェンソーレ・デ・ベルグラーノ
132 (27)
32 0(9)
27 0(8)
18 0(3)
055 (24)
15 0(5)
053 (13)
45 (14)
25 0(4)
12 0(0)
27 0(4)
代表歴2
1993-2010 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 98 (19)
1. 国内リーグ戦に限る。2008年10月12日現在。
2. 2010年5月5日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj
オリンピック
男子 サッカー
1996 サッカー

アリエル・アルナルド・オルテガ(Ariel Arnaldo Ortega, 1974年3月4日 - )は、アルゼンチンフフイ州レデスマ出身の同国代表CAリーベル・プレート所属のサッカー選手。ポジションは攻撃的MFFW。アルゼンチンが誇る天才ドリブラー。
愛称は父親が名付けた「El Burrito(エル・ブリート、小さいロバの意)」。

略歴[編集]

アルゼンチンの名門リーベル・プレートの下部組織出身。テスト入団後、当時のリーベル監督・ダニエル・パサレラの目に留まり、1年を待たずしてトップチーム昇格。1991年、17歳でプロデビューを飾る。 この時にはすでに彼のプレースタイルは完成されており、得意のドリブルを随所に見せていたが、ボールを持ちすぎて好機を逸する場面も目立ち、時折批判の対象ともなった。 賛否両論はあったものの、オルテガは主力選手として国内リーグ制覇、コパ・リベルタドーレス優勝に貢献。

1994年W杯アメリカ大会ディエゴ・マラドーナが史上初めて途中交代された試合(グループリーグ・対ギリシャ戦)で、マラドーナに代わって出場した。

1996年にはトヨタカップで来日も果たした(この時はデル・ピエロジダンらを擁するユベントスに敗北)。

代表レベルでは1993年12月の初招集以後、翌年のW杯アメリカ大会に弱冠20歳で出場。1996年夏にはアトランタオリンピック・男子サッカー競技で中心選手として活躍。決勝で「スーパー・イーグルス」ナイジェリア代表に敗れるものの、銀メダルを獲得した。

1997年、当時のクラブ史上最高の移籍金(20億ペセタ)でバレンシアスペイン)に移籍。しかし練習のやり方を巡ってクラウディオ・ラニエリ監督と衝突、レギュラーを外される。

1998年には自身2度目のW杯フランス大会に臨み主力メンバーとして活躍し決勝トーナメント進出に貢献。しかし準々決勝のオランダ戦において、ペナルティーエリア内でダイブをし、抗議・挑発をしに来たオランダ代表GKファン・デル・サールに頭突きを見舞い一発退場(明確に言えばシミュレーションで警告を受け、ファン・デル・サールに頭突きを食らわしたプレーで警告となり退場)。試合も1-2で敗れ、戦犯として大きな批判を受けた。

その後イタリアセリエAサンプドリアパルマに在籍するが、そこでも主だった活躍をすることは出来なかった。

2000年にリーベル復帰。当時売り出し中の若手だったパブロ・アイマールハビエル・サビオラ等と共に活躍。かつての輝きを取り戻し、2002年日韓W杯のアルゼンチン代表メンバーにも選ばれた。

2002年フェネルバフチェトルコ)に移籍したが、環境に馴染めず半年でアルゼンチンに無断帰国。この行動がクラブ側の逆鱗に触れ、多額の違約金を請求される。その後問題は泥沼化、最終的にはFIFAが介入し、オルテガに長期間の出場停止処分が下された。

意欲を失ったオルテガは一時現役を引退。しかし、アルゼンチンリーグ1部ニューウェルス・オールドボーイズがオルテガに救いの手を差し伸べた。移籍金という形でフェネルバフチェ側への支払いを肩替わりし、2004年8月に和解が成立。この時点で出場停止処分も解除となった。

2006年、古巣のリーベルに復帰。長年に渡って苦しんできたアルコール依存症を克服するため、近年リハビリを行っていることが報じられた。

2007年、依存症の治療のためチリへ渡る。

2008年、チームとの距離が生じていた中、アル・アインUAE)からのオファーを拒否。残留と思われたが、アルゼンチンリーグ2部のインデペンディエンテ・リバダビアに期限付きで移籍した。

2010年5月5日の親善試合・ハイチ戦で約3年ぶりにアルゼンチン代表へ招集され、出場を果たした。

2010年、リーベルに復帰するも、アルコール依存症の再発で出場は数試合にとどまり、シーズン中にオールドボーイズに期限付き移籍される。

2011年ディフェンソーレ・ベルグラーノに移籍。

外部リンク[編集]