アリエル・アトム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリエル・アトム
オーバービュー
WrightspeedOverview4881.jpg
サイドビュー
ArielAtom5807.jpg
リアビュー
WrightspeedRear4885.JPG
乗車定員 2人
ボディタイプ パイプフレーム
エンジン K20Z4型:2.0L DOHC i-VTEC
変速機 6速MT
駆動方式 MR
サスペンション ダブルウィッシュボーン、プッシュロッド
全長 3,410mm
全幅 1,798mm(1,828mm with 225tyres)
全高 1,195mm
ホイールベース 2,345mm
車両重量 612kg
-自動車のスペック表-

アトムは、アリエル・モーター・カンパニーが製造する、2人乗り乗用車である。

特徴[編集]

乗用車ではあるが構造はレーシングカーに近く、現行のアリエルアトム3.5では車両重量は612kg(乾燥重量は550kg)。 エンジンは、自然吸気 2.0Lで245馬力を発生し、オプションのスーパーチャージャー仕様は、310馬力を発生する。サスペンションアームはダブルウィッシュボーン+プッシュロッドの構成でサスペンションはフレーム上部に寝かせて配置(インボードマウント)されている。

極めてスパルタンな車であり、運転手、タイヤ、フレームがむき出しであり、ほぼボディというものが存在しない。ソフトトップ、フロントウインドウ(オプションで付けられるようになった)、ドア等は存在せず、エアコン、オーディオは言うに及ばず。内装というものが存在しない。 正に、公道を走るフォーミュラカーである。

シャーシはCADによって設計され、パイプフレームで構成されており、シャーシとボディの区別がつかない。開発に当たっては、コヴェントリー大学のライトウェイトスポーツカー(LSC)デザインという産学連携プロジェクトとの密接な関係を持っている。

2003年からのアトム2では、エンジンがそれまでのローバー社Kシリーズ(1.8L)からホンダK20Ai-VTECエンジン(2.0L)に変更された。456kgのボディとの組み合わせにより、アトム2の0-60マイル/h加速はわずか3.7秒である。

2007年、アトム3をリリース。フレームが補強され、エンジンはK20Z4エンジンに変更された。エンジン出力はノーマルで245HBP、スーパーチャージャーモデルで300BHP。0-60加速のタイムはノーマルで3.2秒、スーパーチャージドで2.8秒と言われている。

2013年、アトム3.5をリリース。エンジンは据え置きだが、無限チューンド版とV8版からのフィードバックからフレームが見なおされ、剛性が上がった。外見上の変化としては、ノーズ部分のパネルの延長、ヘッドライトとフォグ、ウィンカーの小型&一体ユニット化。後方ブレーキランプのLED化、ダッシュパネルのデジタル化などが上げられる。また、スーパーチャージド版は310馬力とやや出力アップしている。乾燥重量で550kg、総重量612kg。

アトムをカスタマイズする際、本物のフォーミュラカーをイメージして、フロントウィングやリアウィングをつけることもしばしば見られる。(

エンジン[編集]

1999年のATOMでは120,165,190BHPのローバーエンジンが搭載されていた。

2003年からのATOM2のエンジンは2.0L、4気筒、ホンダK20Ai-VTECエンジンとなる。

  • HONDA K20A 160馬力仕様
  • HONDA K20A(Rスペック) 220BHP[1]
  • HONDA K20A+スーパーチャージャー 275BHP
  • HONDA K20A(Rスペック)+スーパーチャージャー 300BHP

耐久性能やメンテナンス性も良く、自然吸気で1Lあたり110馬力発生させており高性能であることから、ローバーからホンダに変更したとされている。

2007年からのATOM3、及び3.5は以下のエンジンに変更された。

  • HONDA iVTEC K20Z4 245BHP
  • HONDA iVTEC K20Z4 super charged 315BHP

燃調マップの変更等により、ノーマルエンジンから50馬力近い出力アップがなされている。 バランスシャフトのないK20Aとくらべて振動が少なく、エンジンマウントも変更されているため、クルマの振動は劇的に改善したとされる。

アトム V8[編集]

ケーターハムの「Caterham RST-V8」のエンジンをベースに開発された3.0LV型8気筒エンジンを搭載し、最高出力は500英馬力/10,500rpmを誇る。それに対し重量は僅か550kgに抑えられている。そのため1トンあたり909英馬力で、パワーウェイトレシオF1マシンに匹敵する。また、フロントとリアのウィングが標準装備となったことで空力性能も向上している。0-60mph加速は2.3秒、最高速度は322km/hである。

脚注[編集]

  1. ^ ホンダ・シビックタイプRホンダ・インテグラタイプRと同じ高性能エンジン。

外部リンク[編集]