アラン・ペッタション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラン・ペッタション
Allan Pettersson
基本情報
出生 1911年9月19日
出身地 スウェーデンの旗 スウェーデン
死没 1980年6月20日(満68歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家
ヴィオリスト
担当楽器 ヴィオラ

グスタフ・アラン・ペッタション(またはペッテション)(Gustav Allan Pettersson, 1911年9月19日 - 1980年6月20日)は、スウェーデン出身の交響曲作曲家。17の交響曲のほか、いくつかの協奏曲や小品を残す。

暴力的でアルコール依存症な父と、病弱な母とともに4人兄弟の末子として幼年期を過ごす。1930年からはストックホルム王立音楽院でヴァイオリンヴィオラを学び、後にストックホルム・フィルにヴィオラ奏者として入団。

1950年にパリへ留学し、オネゲルミヨーと親交を結ぶ。1953年のスウェーデンへの帰国後は作曲家として活動するが関節炎を患い、後にはペンももてないほどになる。1980年、癌のため死去。  

作品[編集]

交響曲[編集]

  • 第1番 (1951年)※破棄され、断片のみが現存。
  • 第2番 (1953年)
  • 第3番 (1955年)
  • 第4番 (1959年)
  • 第5番 (1962年)
  • 第6番 (1967年)
  • 第7番 (1967年)
  • 第8番 (1969年)
  • 第9番 (1970年)
  • 第10番 (1972年)
  • 第11番 (1973年)
  • 第12番「広場の死者」 (1974年) 合唱付き
  • 第13番 (1976年)
  • 第14番 (1978年)
  • 第15番 (1978年)
  • 第16番 (1979年) アルト・サクソフォン独奏付き
  • 第17番 (1980年)※破棄され、断片のみが現存。

管弦楽曲等[編集]

  • 弦楽のための協奏曲第1番 (1949-50年) 弦楽合奏
  • 弦楽のための協奏曲第2番 (1956年) 弦楽合奏
  • 弦楽のための協奏曲第3番 (1956-57年) 弦楽合奏
  • 交響的断章 (1973年) 管弦楽
  • カンタータ「人類の声」 (1974年) 弦楽合奏、独唱×4、合唱
  • ヴァイオリン協奏曲第2番 (1977-78年) ヴァイオリン、管弦楽
  • ヴィオラ協奏曲 (1979年) ヴィオラ、管弦楽

室内楽曲、器楽曲[編集]

  • 2つのエレジー (1934年) ヴァイオリン、ピアノ
  • 幻想曲 (1936年) ヴィオラ
  • 4つの即興曲 (1936年) ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ
  • アンダンテ・エクスプレッシーヴォ (1938年) ヴァイオリン、ピアノ
  • ロマンス (1942年) ヴァイオリン、ピアノ
  • 嘆き (1945年) ピアノ
  • フーガ ホ長調 (1948年) オーボエ、クラリネット、ファゴット
  • ヴァイオリン協奏曲第1番 (1949年) ヴァイオリン、弦楽四重奏
  • 2台のヴァイオリンのための7つのソナタ (1951年) ヴァイオリン×2

歌曲[編集]

  • 6つの歌 (1935年)
  • 24の裸足の歌 (1943-45年)

外部リンク[編集]