アラン・タネール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラン・タネール

アラン・タネールAlain Tanner1929年12月6日 ジュネーヴ - )は、スイス映画監督である。

来歴・人物[編集]

アラン・タネールはジュネーヴ大学で経済学を専攻した。1951年、のちに映画監督となるクロード・ゴレッタが同大学に設立したばかりのシネクラブに加わった。大学を卒業し、海運会社でわずかの間働いたのち、彼は映画に惹かれていった。

1955年英国映画協会に職をみつけ、字幕作成、翻訳、フィルム・アーカイヴの組織の仕事をした。最初の短篇映画『ピカデリーの夜 Nice Time』は、1957年、クロード・ゴレッタと共同監督によって、ロンドンの「フリー・シネマ」運動の一角として作られた。この処女作はヴェネツィア国際映画祭で賞を獲得し、たくさんの賞賛の批評を勝ち取った。

タネールは渡仏し、 いくつかの商業映画の助手をしばらくやっていた。同地では、パリヌーヴェルヴァーグのもっとも重要な映画作家たちと出逢い、シネマテーク・フランセーズ館長のアンリ・ラングロワとも出逢った。批評家にはジャン=リュック・ゴダールロベール・ブレッソンの影響を指摘する者もいるが、パリの映画界の雰囲気は彼を不快にした。彼はそれを「殺人的(cutthroat)」と描写している。

1960年から1968年にかけて、タネールはスイスに戻って40本以上の映画をつくり、フランス語テレビ(テレヴィジオン・スイス・ロマンドTSR)のためにドキュメンタリーをつくった。そのなかには1966年12月1日フィレンツェの氾濫についての作品もあった。1962年、スイスの若手映画作家、ミシェル・ステー、クロード・ゴレッタ、ジャン=ルイ・ロワジャン=ジャック・ラグランジュ1971年脱退、イヴ・イェルサン加入)の集団「グループ5 Groupe 5」の共同創立者となった。

最初の長篇映画『どうなってもシャルル』(1969年)は、ロカルノ国際映画祭で金豹賞を受賞した。同年、同作にも出演しているフランシス・ロイセール監督の『Vive la mort』で撮影監督としてデビューした、ティチーノ州ベッリンツォーナ生まれのレナート・ベルタを起用、以降、『メシドール』(1979年)までのタネール映像を支えることとなる。

次作『サラマンドル』(主演ビュル・オジェ1971年)、そして『ジョナスは2000年に25才になる』は、美術批評家で小説家のジョン・バージャーとの密なコラボレーションでつくられ、『どうなってもシャルル』の執筆では共同で作業をしていたが、その度合いは少なくなり、バージャーのクレジットもない。

2002年に『Fleurs de sang』で脚本を書き、共同監督をしたミリアム・メジエールは『ジョナスは2000年に25才になる』にも出演したパリ生まれのフランス女優で、『わが心の炎』(1987年)で共同脚本、『Le Journal de Lady M』では脚本を任せたタネール組の常連である。

日本では1980年代に入ってさかんに紹介され、1985年にはアテネフランセ文化センターでの大々的な特集上映が組まれ、リアルタイムで商業公開された作家であった。ダニエル・シュミットや、当時日本で過去の全作品が上映されたフレディー・ムーラーとならんで重要な、ヌーヴェルヴァーグと同世代のスイス人作家である。

フィルモグラフィー[編集]

受賞・ノミネート[編集]

外部リンク[編集]