アラン・シヴィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラン・シヴィル

アラン・シヴィル OBEAlan Civil OBE, 1929年6月13日1989年3月19日)はイギリスホルン奏者。[1][2]

少年時代からホルンを始め、10代で軍楽隊に参加した。デニス・ブレインの父オーブリー・ブレインに師事。

指揮者のトーマス・ビーチャムによって、デニス・ブレインの次席奏者としてロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団に採用される。デニス・ブレインがフィルハーモニア管弦楽団に移籍すると、首席奏者を引き継いだ。1955年に、シヴィル自身もフィルハーモニア管に異動し、1957年にブレインが自動車事故で死去すると、首席ホルン奏者に就任した。

1960年代に、ドイツ人以外で初めてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団への入団を打診された音楽家となったが、アラン・シヴィルはフィルハーモニア管弦楽団に留任し続けた。1966年BBC交響楽団の首席ホルン奏者に就任し、1988年に引退するまでその座を守った。王立音楽大学でも教鞭を執った。1985年大英帝国勲章を授与された。

独奏者としてモーツァルト協奏曲や、ベンジャミン・ブリテンの《セレナード》などが著名な録音である。アラン・シヴィル・ホーン・トリオを結成して室内楽曲も録音した。ビートルズのアルバム「リボルバー」において、『フォー・ノー・ワン』の間奏でホルンを吹いている。

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]