アラン・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アラン・チャールズ・ウィルソンDr Allan Charles Wilson, 1934年10月18日 - 1991年7月21日)は、ニュージーランド出身の生物学者分子生物学者

ニュージーランド・ナルアワヒア(Ngaruawahia)生まれ。オークランドのキングス・カレッジでは数学と化学で優秀な成績を修める。オタゴ大学へ進学し、分子生物学専攻を勧められる。奨学金を得て、アメリカ合衆国カリフォルニア大学バークレー校博士課程へ進学し1961年にPh.D.を取得。当初、ニュージーランドにいるウィルソンの家族は、2年程度の留学だと思っていたが、ウィルソン自身はその後35年間をUCバークレーで過ごす事になる。

1967年に、ヴィンセント・サリッチ分子時計を発明し、ヒトとチンパンジーの分岐を400万年前から500万年前と推定した。

1987年にマーク・ストーンキングレベッカ・キャンらと共に、すべての現代人は15万年前から20万年前にアフリカにいた一人の女性を子孫とするミトコンドリア・イブ説(または、イブ仮説)を発表した。

カリフォルニア大学バークレー校教授の1991年に白血病で死去。