アラビア数学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アラビア数学(アラビアすうがく、Arabic mathematics)とは、8世紀から15世紀のイスラム世界において、主にアラビア語を用いて行われた数学全般のことである。近年ではイスラム数学 (Islamic mathematics) と称される場合もある[1]。名称は慣例によるものであって、必ずしも明確に対象を表しておらず、アラブ地域外でも行われ、担い手にはアラブ人でない者もイスラム教徒でない者もいた。

概要[編集]

アラビア数学は、ギリシア数学インド数学の影響を受け発展し、アルフワーリズミーバッターニーなど多数の数学者を輩出した。

ヨーロッパ古典古代からの影響としては、焚書されたギリシア語の著書をアラビア語に翻訳し、ユークリッド幾何学を引き継いだ。厳密な論証も引き継がれた。

インドからの影響としては「0(ゼロ)の概念」や「位取り記数法」が挙げられる。なお、算用数字は一般に「アラビア数字」とも呼ばれるがアラビアで用いられている数字(ヒンディー数字)とは異なっている(ただし「ヒンディー数字」はインドで用いられている数字とも異なるものである)。

アラビア数学独自の功績としては、代数学の発展が挙げられる。当時は記号を使った数式表記が発明されていなかったため、計算方法は全て言語によって説明されている。

アラビア数学は後年ラテン語に翻訳されヨーロッパに伝わった。

主要な数学者の一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 例えば、カッツ著、上野健爾他訳『数学の歴史』共立出版 ISBN 432001765X では「イスラム数学」である。

関連項目[編集]